(天声人語)


   中国のSF

    2019年9月24日05時00分 朝日新聞デジタル


 中国のSF小説が人気だとの記事を読み、何冊か手に取ってみた。世界的なベストセラーの『三体』は評判通りの面白さだったが、ハオ景芳(ハオジンファン)さんの短編にも味があった。その一つ『弦の調べ』は宇宙から来た鋼鉄人に侵略される話だ

▼彼らは人間に服従を求めるが、滅ぼそうとはしない。それどころか人々は従順でいる限り、かつてと同じ程度に自由に暮らせる。読んでいて鋼鉄人が共産党とだぶってくる

▼政治を批判しない限り、それなりに自由なのが現代中国である。「みなが受け入れ、運命だとあきらめているのに、どうしてわざわざしなくてもいいことをする必要があるのかと思うこともある」。鋼鉄人に抵抗を試みる人の言葉は、民主派の苦悩にも聞こえる

▼『北京 折りたたみの都市』が描くのは、貧富の差により空間が三つに分けられた未来の首都だ。人々は時間を区切って地表で生活し、貧しい労働者層は夜間から早朝の短時間しか外に出られない。作者によると、機械化が労働者を隅に追いやることへの警告だという

▼中国でSFは、科学知識の普及という役割を担わされてきた歴史がある。それがいま、社会や科学の暗い面もあぶり出す。言論の自由のない国だけに、役割は小さくない

▼それにしても気になるのは現実の中国社会のSF化である。本紙デジタル版によると監視カメラが行き渡り、信号無視した人の顔写真が街頭スクリーンに映し出されるまでになっている。SFが不要になってしまいそうで不気味だ。