世界経済・見て歩き

中国・華西村 「金持ち村」の今
錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

 赤間清広

 毎日新聞2019年9月15日 東京朝刊
 
「龍希国際ホテル」から見下ろした華西村。高層の建物や住宅、工場などが整然と並ぶ=中国・江蘇省で2019年8月


 上海の北西に位置する江蘇省。のどかな農村地帯を車で進むと、目の前に突然、高層ビル群が現れた。「中国一の金持ち村」とも呼ばれる華西(かせい)村だ。その繁栄ぶりは村を一目見ようとする観光客が中国各地から詰めかけるほどだが、実態は火の車だという。真相はどうなのか、現場を訪ねた。


村民に「配当金」

 「右手に見えるのは1990年代に整備した欧州風の住居群。村民には無料でこうした住居が支給されます」「村内には屋根のついた全長17キロの回廊が通っています。雨が降っても傘は必要ありません」

 まずは村に来た観光客向けの有料ツアーに参加してみた。ガイドの閏会芝さんが電動カートで村をまわり、村内の施設や住民の暮らしぶりを解説してくれた。


 村民には家に加え、車も用意され、村からは「配当金」まで支給される。病院や銀行、職業訓練所など生活に必要なあらゆる施設がそろい、高齢者は「活動室」でマージャンなどを楽しみながら悠々自適の余生を過ごす――。本当ならば、まさに「理想郷」だ。

 華西村は元々、広さ1平方キロ弱、人口1000人に満たない寒村だった。それを一変させたのは、2013年に84歳で死去した呉仁宝さんだ。呉さんは70年代、村のトップとして集団営農を推し進め、80年代になると今度はいち早く工業化に乗り出した。村営の製鉄所や衣料品工場などを次々と建設し、村に多額の利益をもたらした。

 村からの配当金などで村民の平均年収は9万元(約140万円)を超える。一般的な農村部の約6倍だ。リーダーの先見の明と村一丸となった取り組みで成功を手にした華西村の軌跡は中国の農村経営のお手本ともてはやされてきた。

 しかし、村を歩くと暗い話が入ってくる。「村からの配当金がどんどん少なくなっている」。村民の一人がつぶやいた。「帳簿上は配当金が支給されても、なかなか現金には換えられないらしい」。近くの住民はこんなうわさを聞いたという。40代の女性は十数年前、豊かな暮らしを夢見て湖北省から移り住んだが「家や自動車をもらえるのは古くからの住民だけ。私たちのような出稼ぎに恩恵はない」とぼやいた。

 背景には、村を取り巻く経済環境の変化がある。村を長年、支えてきた製鉄所などは大手企業との競争にさらされ、赤字経営に転落した。村は新たな収益源を求めて海運業などに進出したが軌道に乗らず、さらに傷口を広げる結果となった。中国メディアによると、村の持ち株会社が抱える負債総額は400億元(約6000億円)近いという。

 華西村は圧倒的な経済力を武器に周辺にあった約20の村を取り込み、総面積約35平方キロにまで膨張した。拡大した土地と村営企業の株式を原資にした資産運用は華西村の「錬金術」を支える秘密の一つだったが、成長が見込めなくなった村に金融機関も徐々に距離を置き始めている。



ホテル大半空室

 村をめぐると、もう一つの苦境の原因が見えてくる。村の中心には11年に完成した72階建てのビルがそびえ立つ。建設費に30億元以上をかけた「龍希国際ホテル」だ。しかし、客の姿はほとんど見かけない。826もある客室は大半が空室だろう。

 ホテルの60階には実物大の純金製の牛の象が鎮座する。時価総額3億元という村の名物だが、観光客は軽く足を止めただけで、すぐに通り過ぎていった。事業の成功で得た有り余るマネーを、需要を無視した過剰投資につぎ込んでいった姿が垣間見える。

 中国人が憧れる「金持ち村」は危機を脱し、理想郷を守ることができるのか、それともバブルの失敗例として歴史に名を刻むのか。村はいま、大きな岐路にさしかかっている。【江蘇省で赤間清広】

取材を終えて
 いち早い工業化で経済成長の果実を手にし、膨らんだ資産の運用でさらに利益を積み上げる――。経済が右肩上がりの時代には通用した華西村の錬金術。しかし、経済が減速局面に入ると基幹産業の衰退を止められず、過剰投資のつけが村の債務を増大させる結果を招いた。

 過去に派手な投資を繰り返してきた中国の地方政府や国有企業もいま、同じ課題に直面している。華西村の現実は中国経済の縮図そのものだ。