滝野隆浩の掃苔記

 いまこそ中国に学べ

 滝野隆浩

 毎日新聞2019年9月13日 東京朝刊
 
講演する中国の葬送協会副会長の王計生氏


 葬送事業者による日本最大級の「エンディング産業展」が8月下旬、東京ビッグサイトで開催された。葬儀や墓の最新動向を知りたくて毎年欠かさず見に行っている。今年は中国の事業者を多く見かけた。

 中国は空前の葬送ブームで盛り上がっているらしい。経済成長期に人は葬儀や墓にカネをかける。日本もバブル期まではそうだった。3年前に日本葬送文化学会の中国研修に同行し、広大な霊園に建ち並ぶ銅像付きの墓を見て度肝を抜かれたのを思い出す。

 65歳以上の人口は約1億6000万人という。高齢者が増えて、土葬が主流だった国で「墓は環境問題」と指摘され始めた。火葬による墓の小型化が進むものの、火葬率は5割程度らしい。

 中国の人たちは何を学びに来たのだろう。火葬率99・9%の国の墓所小型化の技術か。それとも日本の葬儀の「おもてなし」の心なのか。

 中国の葬送協会の副会長で霊園開発企業の総裁でもある王計生さんの講演を聞いた。王さんは「伝統文化と近代様式の融合で新しい葬儀文化をめざす!」と宣言した。繰り返したのは「生命」という言葉だ。葬送を「死後」のことではなく、生きてきた人とこれからも生きていく人の流れの中でとらえていた。歴史や文化とかを大切にし、そのために先端科学技術を積極的に取り入れる。墓石は小さくなってもQRコードでその人の人生のデータが写真や動画でも残せるではないか。遺体修復のために3Dプリンターの技術を使い始めている、と。

 さらに「業界の将来は両端に伸びていく」と言った。人の死の「両端=前と後」に業務を拡大する、つまりライフサイクル全般にかかわろうという姿勢だ。心に残る葬儀をし美しい霊園をつくると同時に、いのちに関する教育機会を広げ、医療や介護、みとりの分野にも進出していきたいという。

 日本の葬送業界の人はどうしても、目先の話ばかりになる。市場が縮小する中、生き残るにはどうするか、などと。葬送業者であっても、王さんのようにもっと広く、いのちの文化について考え、語ってほしい。いまこそ中国に学べ、である。(社会部編集委員)