そこが聞きたい

 中国に広がる高級トイレ 地方も生活水準上がり

 TOTOの中国法人の責任者 深澤徹氏

 毎日新聞2019年9月10日 東京朝刊
 
毎日新聞のインタビューに応じるTOTO(中国)社長の深澤徹氏=上海市内で2019年5月28日、工藤哲撮影


 中国で都市部を中心に温水洗浄便座など「日本式高級トイレ」の人気が続いている。地方でも習近平国家主席のトイレ改革により、仕切りがないかつての「ニーハオトイレ」などが徐々に様変わりする。中国人の清潔感の変化やトイレの現状について、TOTOの中国法人の責任者である深澤徹氏(49)に聞いた。【上海・工藤哲】


――中国各地でTOTOのトイレを目にする機会がありますが、中国での需要の現状は。

 中国事業全体の売り上げ実績は2010年度に277億円でしたが、18年度は635億円となり、2倍強に増えました。業績の約7割を便器や洗面台などといった衛生陶器と温水洗浄便座が占めます。この間、日本政府による尖閣諸島国有化(12年)などで日中関係が悪化しましたが、大きな影響は受けませんでした。背景には、中国で長年培ってきた「TOTOブランド」への顧客の信頼があったと思います。

 TOTOの中国での歴史は、中国で改革・開放政策が打ち出された直後の1979年にさかのぼります。この時期に北京で外国からの賓客が宿泊する「釣魚台迎賓館」にトイレを納めることができました。TOTOは水洗トイレの研究・開発で100年にわたる蓄積や実績があり、中国側はこれを重視してくれたのです。

 TOTOが中国の代表的な施設で採用されたことで、各地の受注が続きました。北京や上海、広州の空の玄関である国際空港や高級ホテル、北京五輪(08年)会場や上海万博(10年)の主要施設に加え、直近では上海の金融センターに位置する最高層ビル、上海郊外の採石場跡地に建つ世界一海抜が低いとされる高級ホテルでも採用を頂きました。

――中国でのニーズの特徴は。

 設置先は主にホテルや高級集合住宅です。これまでは北京や上海、広州といった大都市が需要の中心でした。上海では中心部の新築需要はほぼ一巡した印象ですが、少し離れた郊外には、古くて衛生面で課題があるトイレはまだまだあり、ビジネスチャンスは残っています。

 今需要が大きく伸びている都市の深?市。中国の有力企業がここに拠点を移しています。学歴や給与水準の高い住民が急増し、高級トイレの需要も増えています。

 また、中規模都市の江蘇省蘇州市などのほか、習主席が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」の影響で、西北地域の窓口である内陸都市の陝西省西安などで需要の高まりが見られます。中国政府は地方の生活水準の底上げを着実に進めており「日本式トイレ」はそれに伴い拡大していると言えます。

 中国で販売するトイレの品質は日本製品と違いはありません。ただデザイン面では異なる品ぞろえも多く、地域で好みの違いが見られます。北部はやや大ぶりで、豪華さを感じさせる色が好まれます。南部はシンプルで価格が安く、実用的なものが人気です。ただ若者の多くが都市部で学び働くなど、人の動きが以前より激しくなり、ニーズは多様化しています。

――中国のトイレについて日本ではマイナスのイメージがなかなか変わりません。

 確かに劣悪な衛生環境のトイレもまだまだあります。ですが各地を回っている印象では確実に水準は上がっています。地方でも「都市化」が打ち出され、日本の設計会社も都市計画に参画したりしています。50、60階建ての高層ビルの建設計画が各地にあり、ビルの価値を高めるためにTOTOのトイレも一助になっていると自負しています。

 習主席は17年に「トイレ革命」=1=を本格的に打ち出しました。背景には、国全体の衛生レベルの底上げがあります。貧しい地域に住む人たちの衛生環境・意識を向上させる狙いと、外国人が一層中国を訪れるようになる中で、世界に誇れるトイレを用意する狙いがあると思います。この対策により18年ごろから地方都市で計画が始まり、ここ数年で本格的な実施段階に入ってくると思います。

 中国人の清潔感も大きく変わっています。かつて多くの中国の方が、トイレは「汚い場所だが仕方がない。我慢するしかない」という考えを抱いていました。しかし、北京五輪や上海万博の開催を機に都市部の高級住宅が急増し、バスルームは重要なインテリアの一つと受け止められるようになってきました。日々の生活で直接触れ、健康意識の高まりもあって便座やシャワーなど水まわりに高い関心を持つようになってきています。

 最近ではスマートトイレ=2=などもでき始めています。つい20年前は日陰の存在だったトイレが、次第に生活の中心に移っていると感じます。

――中国のトイレは、今後どう変わりそうですか。

 中国では各分野で技術革新が生まれており、音声やスマートフォンで機器を操作するものや、体脂肪計測や尿検査などの健康診断の補助的要素を備えたトイレも研究されています。より先進的なアイデアのトイレが日本より先に生まれていく可能性があります。

 当社の「ウォシュレット」もまだまだ需要があります。日本では40年ほどの間で約8割の家庭に普及しましたが、中国ではまだ数%と想定されます。15年ごろの「爆買い」の増加で日本の温水洗浄便座に中国人の人気が集まったことで、中国国内の製造業者が増えましたが、電気と水の組み合わせには長年の蓄積と高い技術が必要で、そこがTOTOの強みです。今後は各地方で、高所得者の家庭のトイレから質の高いトイレが急速に普及していくと思います。

聞いて一言
 「中国のトイレ」と言えば、悪臭がきつく、紙がないイメージが長く続いてきた。中国の人々の間では、外出時には紙の携帯が必須と考えられてきた。そうした場所が中国に多いのは事実だが、TOTOなどの努力もあり、少なくとも上海中心部では確実に減っている。トイレの清潔化は、大都市と地方の格差縮小とも密接に関係している気がする。「トイレ革命」は、中国が目指す「国の質の向上」のためにも重要な課題だと思う。

 ■ことば

1 トイレ革命
 中国国内のトイレを清潔にするため習近平国家主席が進める国家プロジェクト。2015年に国家観光局が公衆トイレの整備計画を打ち出し、これまで数万のトイレが新設・改修された。今年だけでも70億元(約1100億円)の予算を投じ、全国3万カ所、1000万世帯のトイレを改修する目標を掲げる。「トイレ先進国」日本のメーカーには商機となっている。

2 スマートトイレ
 中国の一部の地域では、ビッグデータやインターネットを活用した公衆トイレの設置が進む。中国メディアによると、利用者数や使用頻度のデータを集積し、掃除すべき時間を担当者に通知したり、悪臭が一定の基準値を超えると自動的に換気して清潔な空気を保ったりするシステムを備えたトイレが登場している。

 ■人物略歴

ふかざわ・とおる
 1970年、大阪府生まれ。92年に東陶機器(現在のTOTO)に入社。台北や北京、上海に約20年駐在し、営業やマーケティングなどを担当。2016年より現職。