藤原帰一の映画愛

 帰れない二人 改革開放でも潰されずに 気高く生きる中国人女性

     2019年9月8日 04時01分(最終更新 9月8日 04時01分)

     
 中国といえば日本を抜き、アメリカに迫る経済大国。でもちょっと前はまるで違いました。

 中国共産党が権力を掌握した当初は、市場経済と正反対の社会主義建設が目標でした。毛沢東主席の下で国民が総動員され、文化大革命を頂点とするイデオロギー支配と政治弾圧が続きました。

 鄧小平の時代に入ると一転し、改革開放の呼び声のもとで経済の自由化が進みます。そのなかで一時は政治の自由化への期待も生まれますが、その期待は1989年の天安門事件によって無残に裏切られました。それから30年、共産党の独裁は続く一方、経済はめざましく発展しました。

 すごい変化ですね。中国に住む人にとって、この激動はいったいどのような時代だったんでしょうか。外からは捉えることの難しい変動する中国の姿を中国のなかから伝えてきたのが、ジャ・ジャンクー監督です。

 私が最初に観(み)たジャ・ジャンクーの作品は、「長江哀歌」でした。ダムの建設によって水没する村を舞台として、改革開放が中国の人々に強いてきた苦難を、飾り気のないリアリズムによって捉える作品。お話はシンプルですが、視点は常にひとりひとりの人間に置かれており、しかも人を捉える目がしっかりしている。中国の現実を丹念に跡づけてゆく画面は、たとえばチャン・イーモウ監督の華麗な映像とはまるで違う。中国映画の新しい表現でした。

 さらにいいのが「罪の手ざわり」。改革開放の時代に踏みにじられてきた人々に焦点を当て、武?(ぶきょう)映画になぞらえることによって、中国社会に潜むフラストレーション、声には出せない心の鬱屈を巧みに描き出していました。

 すごい監督だと思う一方、その作品を中国で上映できるのか、いつも心配でした。実際「罪の手ざわり」は中国国内では上映されていません。でもジャ・ジャンクーは表現可能な一線を試すかのように、中国の観客に届けようとしてきました。この「帰れない二人」は、前作の「山河ノスタルジア」に続いて中国でも上映された作品です。

 ストーリーは、ギャング映画仕立て。香港映画「男たちの挽歌」シリーズを想起させるような音楽で始まるこの映画の主人公は、山西省のならず者ビンと、その恋人のチャオ。ビンはギャングの首領として力を誇ってきましたが、対抗するグループに狙われ、殺される寸前になったところで、恋人のチャオが発砲します。ビンは助かりますが、チャオは入獄。刑期を終えた後にビンを訪ねても、新しい女ができたビンはチャオに会おうともしない。やがて2人が再会したとき、ビンは車椅子に頼る状態になっていたというお話です。

 これだけでも大がかりなドラマですが、このストーリーのなかに、西部地域の経済開発、そして三峡ダムの建設と村の水没など、中国の景観を変えてしまった激動が織り込まれます。ここに描き出される中国の近代的な景観は、砂を?(か)むような空(むな)しさしか感じさせません。ここ、「山河ノスタルジア」と同じですね。それでいえば3部構成の中国年代記という構成も改革開放の影も、ジャ・ジャンクー映画ではお馴染(なじ)みのもの。総集編のような作品です。

 そして、チャオを演じる主演女優のチャオ・タオがすばらしい。ジャ・ジャンクー作品の主演をずっと務めてきた人ですが、この人が出ているだけで中国の顔が見えてくる気がするんです。悪い男から使い捨てにされ、時代にも取り残されながら、誇りを保ち、生きていく力を失うことがない。改革開放によってというより、改革開放にもかかわらず潰されることのなかった中国の顔がここにあります。現代中国の語り部ジャ・ジャンクー、必見です。(東京大教授)

       ◇


■監督 ジャ・ジャンクー

■出演 チャオ・タオ/リャオ・ファン

■135分、中国・フランス合作

■東京・Bunkamuraル・シネマほかで公開中