木語

    米中「文明の衝突」論

    坂東賢治


     毎日新聞2019年5月16日 東京朝刊




 第二次大戦後、モスクワ駐在の米外交官がソ連の政治体制や外交姿勢を分析した「長文の電報」をワシントンに送った。米国の対ソ政策に大きな影響を与えた文書の筆者は国務省に新設された政策企画局の初代局長に就任する。

 ソ連「封じ込め」戦略の立案者とされるジョージ・ケナンだ。ケナンが米誌「フォーリン・アフェアーズ」(1947年7月号)に「X」の匿名で発表した「X論文」は「辛抱強く強固で注意深い封じ込め」を提言し、冷戦時の米国の対ソ政策の基調となった。

 トランプ現政権の政策企画局長はキロン・スキナー氏。黒人の女性政治学者で昨年9月、ポンペオ国務長官に取り立てられ、政策立案の重要ポストについた。

 そのスキナー氏が先月末、中国を対象にケナンにならった「X書簡」を作成中だと明かした。政治メディア「ワシントン・エグザミナー」によると、対中関係を「全く異なる文明との争い」と位置づけるものだという。

 93年に「フォーリン・アフェアーズ」に発表され、ポスト冷戦時代の「X論文」ともいわれたサミュエル・ハンチントンの「文明の衝突」を受け継いだ内容だが、スキナー氏の「失言」も重なり、米国内外で物議をかもしている。

 スキナー氏はソ連との競争を「西側家族の内部での争い」とする一方、中国を米国にとって初めての「非白人の強大な競争相手」と表現したのだ。これには相次いで批判や反論の声が上がった。

 「文明や人種の違いを理由に対立は必然と見れば、不必要な攻撃的政策に結びつきかねない」「アジアの独自性を理由に米国を排除しようとする中国を利する」

 「文明の衝突」論は冷戦後に起きた旧ユーゴスラビア紛争や米同時多発テロ、ロシアのクリミア編入を説明するには便利だ。一方で「民主」「人権」など普遍的価値を「西洋文明の産物」と軽視することにつながるとの批判もある。まして「人種」での区別にはアジアやアフリカ諸国は戸惑うだろう。

 折から北京では15日、「アジア文明対話大会」が開催された。人民日報はスキナー発言を意識したように「文明の衝突か対話か、対抗か協力かは人類の前途、命運に関わる重大問題だ」と文明間対話の重要性を強調した。

 スキナー氏は米中の競争は貿易にとどまらず、長期間続くと指摘する。その認識に異論はないが、競争にはどちらが国際社会の信任を得るかも含まれる。「X書簡」が歴史の検証に堪えるものなのか。慎重に考えてほしい。(専門編集委員)