金言

    欧州中国の脅威認識

     西川恵(客員編集委員)


      2019.02.01 毎日新聞


 最近、欧州の論調を見ていて感じるのは、中国に対するかつてない警戒感の高まりだ。戦後、欧州にとって最大の脅威は一貫してソ連(現ロシア)だったが、これをしのぐ脅威として中国が欧州に認識されつつある。対中経済優先だったひと頃の欧州とは様変わりだ。

 最近、仏国際関係研究所(IFRI)の創設者で上級顧問のドミニク・モイジ氏は、経済紙レゼコへの寄稿で、「Gゼロから再び二極対立の世界へ」との見方を打ち出した。

 人々は現状を主導国なき「Gゼロ」の世界と見ているが、新しい二極対立の世界がゆっくりと、しかし確実に誕生しつつある。ロシアは中東やアフリカでポイントを稼ぎ、ベネズエラの(独裁色を強める)マドゥロ政権を支えることはできるだろう。しかし、かつてのソ連のようになる手段を持っていない。米国を向こうに回して、事実上、ロシアに取って代わったのが中国であると述べる。

戦後、欧州と日本の地政学上の脅威は、欧州はソ連、日本は中国だった。その脅威認識の違いは日欧間で折々にフラストレーションを引き起こしてきた。冷戦時代、西欧はソ連の脅威と正面で対峙したが、日本には遠い世界の出来事で、「日本は国際社会での責任を果たさず、経済的利益だけを追い求めている」と欧州から批判された。

 21世紀に入り、日本は中国の圧力を感じ始める。しかし欧州は対中経済優先で、一時は対中武器禁輸の解除寸前までいき、「欧州は東アジアの安全保障環境を無視している」と日本側を怒らせた。

 いま英国、フランスは日本の自衛隊と共同訓練を行う。ここには中国の力による威圧と現状変更への危機感が共有されている。ただそれだけではない。欧州の進出企業に対する中国政府の規制や技術移転の強制、「一帯一路」による東欧での債務問題の顕在化など、経済優先が結果的に欧州の優位性を掘り崩してきたとの思いがある。

 欧州にとって中国の脅威はロシアのように軍事面を中心とした脅威ではなく、もっと幅広い。中国が欧米の先端技術を獲得することで、経済・通商・研究開発で圧倒的優位に立つ可能性。人工知能(AI)を駆使した監視社会の構築によって、民主主義社会のモデルが色あせていく危険性。そうなった場合、欧州の地盤沈下と弱体化は不可避だ。ロシアに対する脅威感がうせたわけではない。しかし中国の脅威は文明的な危機を内包する点で欧州にとってより深刻なのである。
                  2019・2・1