国立劇場の閉場を前に

   六代目 竹本織大夫(人形浄瑠璃文楽 太夫) 


    文芸春秋 2023年2月号


 

 皇居に程近い三宅坂を上ると、正倉院の校倉造りを模した国立劇場が見えてきます。

 この国立劇場とは私が文楽協会の研究生として小学校四年生の頃より、もっといえば親族の舞台を観劇していた頃よりのご縁でございますが、都心でありながら落ち着いた趣で緑も多い。劇場が見えてくるといつも「立派やなあ」と感じています。

 昭和四十一年、日本の伝統芸能の保護、伝承のために造られた国立劇場が老朽化に伴い、文楽ほ今年九月の公演を最後に、整備期間を経て令和十一年に生まれ変わることが決まっています。

 ここにある大劇場や小劇場ではこれまで数多くの伝統芸能が上演されてきました。なかでも小劇場は文楽専用劇場として、太夫・三味線の演奏するところの「床」が設けられています。舞台に向かって右側の上手には小さな回り舞台があり、ぐるっと回って登場します。この床に、物語を語る太夫と三味線弾きが並びます。例えて言えば、文楽ファンであれば一生に一度は座って舞台に出てみたいような場所です。歌舞伎ファンであれば花道のスッポンと同じですし、宝塚ファンだったらあの大階授から下りてみたいとか。床は文楽ファンにとって憧れの象徴なのです。

私は子どもの時に祖父で三味線弾きである二世鶴沢道八の舞台を親て、隣にいる太夫さんに心奪われました。時に激しく時に衷しく情感溢れる語りで劇場全体を支配していた。それが衝撃的でかっこよかったんです。しばらくして太夫の道へ入りました。

 文楽は、太夫と三味線弾き、人形遣いの三業で織りなす舞台です。太夫は基本的に物語のト書きと全ての登場人物の詞嗣を一人で担っています。オペラでいうところのオーケストラ指揮者と歌手を兼ねた存在でもあるのです。だから太夫が良ければ人形は自然と遺える、つまり太夫と三味線がしっかりしていれば良い舞台になると昔よりいわれています。この三業がひとつになってこそ最高の総合舞台芸術となる。

 また劇場でマイクは使われません。演奏の残響を効果的に使って音を広げる劇場もありますが、例えば太夫の声で残響がありすぎるとワンワンと響いて聞き取りづらくなります。三味線の音も残響があり過ぎると自分の音と残響を錯覚することもあり邦楽ホールとしては演奏するものには邪魔になることがあります。

 邦楽はマイクを使わず、いかに客席のお客さまに隅々まで音をクリアに届けるかが問われます。技術はもちろん、音響効果は劇場の大きさにも左右されます。私は五百ぐらいの客席数が理想的だと思っています。大阪の国立文楽劇場は多目的ホールでもあるので七百五十三名が入りますが、国立小劇場は五百六十名。そういう意味で、東京の小劇場ほ、邦楽の理想の残響を得られる最高の空間なのです。

 文楽にとって最適な劇場だから、客席から人形がそう遠くに感じられません。二階席がないのもいいでしょう。

 また文楽で大切な舞台構造に「船底」があります。客席から見て人形が立って見えるように、舞台前面が三十六センチほど掘り下げられ、ここで人形遣いが人形を操ります。二階席がなければ、船底での様子を見下ろされる心配もありません。

 こうして江戸時代より三百年以上にわたり、三業が芸を競い合い、一体となって上演されてきました。人形浄瑠璃のために書かれたたくさんの演目ほ『仮名手本忠臣蔵』など歌舞伎の名作としても上演されていますので文楽は「本業さん」とも言われ、古典芸能でも一目置かれております。

 この世界最高峰の人形浄瑠璃文楽を上演するために国の威信をかけて造られた国立劇場で舞台をぜひ一度楽しんでいただきたいです。今年九月までの初代国立劇場さよなら公演では近松門左衛門の名作集などが予定されています。

 閉場後は、都内の劇場で公演が一部、決まりましたが、そのあとはまだ決まっていません。本拠地がないぶん、より多くのお客さまにアウトリーチできる機会になるのではないか。そう考えています。

「知られてないということは存在しないことと一緒だ」。かつてそう語った先々代の言葉は重く、名跡を引き継いだ私は、この文楽という芸能を知っていただかなければいけません。都心に限らず関東エリアに拡大してでも、文楽をお届けしますので楽しみに待っていてくださいませ。