野瀬泰良のブログ


    古代の神国日本に仏教伝来の衝撃

     野瀬泰良

    2003年8月15日


古代の神国日本に仏教伝来の衝撃(前編)

現代の日本人の宗教はと申しますと、宗派は千差万別であっても、その殆どが仏教徒であると言っても過言ではありません。遥か昔からそうなんだろうと漠然と思いがちなのですが、実は仏教が大陸や朝鮮半島から伝来するまでは、国民こぞって皇室のご先祖である天照大御神を中心とした八百万(やおよろず)の神々をお祀りしていたのです。

仏教が初めて我が国に伝わったのは、「護美屋が仏像持ってきた」と学校で覚えさせられたように西暦五三八年のことです。朝鮮半島南西部にあった百済(くだら)という国の使いが、仏教を携え、今の奈良県、三輪山麓の磯城嶋(磯城の嶋の意味、河内松原といった表現と同じ。日本のことを敷島の国と言う由来。)の都を訪ね、仏教の布教を欽明天皇に熱心に勧めたと言えば、皆様は学校での歴史の授業を思い出されることでしょう。しかし我が国の最も古い歴史書である日本書紀によりますと、不思議なことに五三八年は欽明天皇の治世ではなく、一代前の宣化天皇の治世となっています。実はその頃の大和の国は、二人の天皇が互いにご自分こそ正当な天皇だと争いながら並び立たれていたのです。

その二年後、大和盆地南端の山城に立て篭もっておられた宣化天皇が皇子様とともに謎の死を遂げられ、これで二つの王朝が対立する時代は終わりました。欽明天皇はお父上(継体天皇)崩御の翌年には即位されていたのですけれど、よほど腹違いのお兄さま達に同情なされる事情がお有りだったか、皇統系譜の記録までを書き改め、ご自分とお父上の在位の間に二人のお兄さま達、即ち安閑、宣化の両天皇の在位を記録に残させられたようなのです。しかも宣化天皇の遺児である皇女様を、わざわざご自分の皇后にされ、その皇子を皇太子(後の敏達帝)になさいました。そこには欽明天皇の亡くなられたお兄さま達への鎮魂の意味があったのかもしれません。

さて我が国に伝わりました仏教ですが、欽明天皇も次の敏達天皇も仏教の教え、即ち輪廻転生の教え、因果応報の教え、生命尊重の教え、人間平等の教え、等々の素晴らしさはよく理解なさっていたのですが、その布教を公認することはおできになりませんでした。それはもし仏を絶対神の位置におくなら、天皇家の祖先である古来の神々はその従位におかれる不安があったからだろうと思います。ただ欽明政権を支える豪族たちの中でも、朝鮮半島からの渡来系の子孫であって、元々仏教徒であった蘇我氏にだけは、政権樹立の貢献に報いる意味で、他への布教はしないと約束の上、特別に仏教への私的な信仰をお認めになっていました。

しかし仮に蘇我氏にだけでも仏教信仰が認められたことが、後に我が国を包括して神国から仏教国に変えて行くことになりました。なぜかと言いますと長期に渡った欽明天皇の治世に、政治権力を次第にその手に集中していった蘇我氏から、仏教への信仰が篤い子女が次々と欽明天皇の妃(みめ)や夫人(ぶにん)として我が国の頂点である皇室に送り込まれたことで、先ずは皇族方の中に仏教信仰者を広げる結果となったからなのです。

それから半世紀の月日が流れ、世は敏達天皇の治世、西暦五八五年、大臣(おおおみ)であった蘇我馬子は、遂に禁断の掟を破り、領地に寺を建てると尼僧を集め、大衆に仏教を布教する活動に着手いたしました。それを激怒なさった敏達天皇は、大連(おおむらじ)の物部(もののべ)守屋に命じて、直ちに寺を破却させ、仏像を浪速の堀江に捨てさせられたのです。物部の家人達はそれだけで飽きたらず、尼僧たちには人が群がる市の中で法衣を脱がせ鞭打つという恥辱を与えた、というのであります。最初物部の手勢の者達は、仏のたたりを恐れていましたが、自分たちに何ら仏罰が当たらないと分かると、異国の神である仏とそれを信じる蘇我の者達を笑い者にいたしました。だがその年の暮れ、敏達天皇が突然高熱を発して倒れられたかと思うと、そのまま崩御されてしまったのです。往時の日本人が、仏という異国の神が持つ神通力の凄さに、いかに驚嘆、恐怖したかは想像に難くありません。

さてこの頃の日本とは、どんな時代であったのでしょう。まだ日本という国号もなく、大陸や半島の人々から倭人の国だと呼ばれていましたので、我が国固有の言葉を表す文字もなかったものですから漢字の倭に大という字を付けて、「おおやまと」などと呼んだりして、日本列島内にある無数の諸国を統合する名としていたようですが、それも後の世に倭というのが、どうやら蔑称だと知ると、私達の先祖は慌てて「和」の字に変えたりしているのです。国民という概念も、国土という概念も、国家という概念もまだありませんでした。一部の支配階級の人々にだけ、氏(うじ)という苗字が与えられ、天皇との関係や世襲の役職を示す、臣(おみ)、連(むらじ)、君(きみ)などの姓(かばね)が与えられていました。一般の人民などは、名前もなく、まとめて奴(やっこ)などと蔑称され、氏姓を持つ人々によって家畜のように私有されていた時代なのでした。仏教の伝来によって、ただそれが国民の宗教を変えたというだけでは終わらずに、このような古代日本の社会構造と人権意識までをも大きく変革して行くことになるのです。
この続きは次号にてまたお話しいたしましょう。



古代の神国日本に仏教伝来の衝撃(中編)

お釈迦様がインドのガンジス河畔にて、この地球上の個々の生命体も、それを育む空気や水や大地も、すべては仏の心(神意)によって結ばれた巨大なひとつの生命体なのだと悟られた時代から、およそ千年を経た五三八年になってようやく我国に伝わった仏教が、その後二代に渡る天皇から固く人民への布教が禁じられたお話は既にいたしました。

敏達(びたつ)天皇の時、渡来人の子孫だからと私的な仏の信仰が許された蘇我一族の長である馬子(うまこ)という人が、天皇の方針を無視して寺をつくり民 衆への布教を始めたところ、天皇はたいそうお怒りになって我国の神々を祭る職にあった物部守屋(もののべのもりや)に命じて寺を破却させられ、仏像を捨てさせられました。その直後、天皇が突然崩御されたために、国民がこぞって仏罰の恐ろしさを知ったというところまで前回はお話しいたしました。

無論天皇が仏罰で崩御されることなど、あろう筈がありません。大陸から疱瘡(ほうそう 天然痘)が上陸し、またたく間に国中に広がりました。天皇がお崩(かく)れになったのも、この疱瘡が原因でした。しかも次に即位されたご兄弟の用命天皇も、馬子の姉にあたる生母に導かれ仏を信仰なされていたにも関わらず、同じく疱瘡に冒され、政務もろくに執れないご様子でした。用命天皇の皇子様のお一人が有名な聖徳太子です。この頃まだ十三歳でおられた太子は、天皇の病気平癒を仏様に必死で祈っておられたのです。
太子の祈りも虚しく、用命天皇は僅か二年の在位で崩御なさいました。結果、次の天皇を誰にするか、我国に仏教を入れるのか、入れないのかを巡って、蘇我氏と物部氏とが激しく対立するようになり、物部の館があった八尾付近で遂に戦争になりました。皇族方が崇仏派の蘇我氏を支持されたお陰で、豪族たちの多数が馬子に味方したのですが、それでも国軍を統率してきた排仏派の物部氏は戦上手であって、少数ではあっても断然優勢で、緒戦で蘇我軍には多数の死傷者が出る始末でした。

聖徳太子には様々な宗教的伝説が伝えられています。その中に次のようなものがあります。戦争に駆り出されたものの、まだ少年でおられた太子は、武器をとって敵と戦うよりも、味方に不利な戦況を挽回させるには四天王様に戦勝祈願するのが良いと考えられました。ご自分で彫られた四天王像に祈られ、傍にいた弓の名手、トミのイチヒという男に敵の本陣を指差して「あそこを射よ」と命じられました。太子が指差す先には、一本の大木が聳えていました。

イチヒがわけも分からず射た矢は、どうしたわけかひとりでに日頃の何倍もの距離を飛んで、敵の本陣に聳える高木の枝葉の中に消えて行きました。途端に物部軍が蜘蛛の子を散らすように退散したのです。イチヒの射た矢はまるで鳥のように何百メートルもの距離を飛んで、大木に登って勝ち戦の物見遊山をしていた敵の大将、守屋の胸を貫通したのです。そんなことが実際にあるのかどうかはさておき、敵の大将が弓の名手イチヒに射殺されたことでこの戦争は、蘇我氏と、蘇我の親族であるが故に味方された前の敏達天皇皇后様をとりまく皇族の方々と、仏教を広めたいと切望してきた人々の勝利に終わりました。

私も一端の宗教家ですから、時に人間の強い信念や、篤い信仰心が思わぬ奇跡を起こすことに決して疑念をはさむものではありませんが、この伝説については少し歴史的背景を調査して、その裏にある真実に迫ってみようと思うのです。
日本の古墳時代から飛鳥時代への移行期にあたるこの時代は、蘇我氏と物部氏とが競いながら、天皇家と対等に国を支配していました。蘇我氏は娘を后に出して天皇の外威となれる臣(おみ)という地位を、物部氏は天皇の親衛隊となり、天皇に代わって国軍を統率できる連(むらじ)という地位を世襲していました。そのような世襲できる地位のことを姓(かばね)と言いました。

渡来人の子孫である蘇我氏が何故そんな高位を得たのか不思議でありますが、はっきりしたことは分かりません。一説では神武天皇に始まる建国戦争に協力した譜代の豪族として臣の姓が与えられた葛城氏という名門の一族がいて、たびたび天皇に后を出していたのですが、その名家もやがて衰退しまして、その後葛城家の跡とり娘さんを嫁にした、馬子の父、蘇我稲目という人に、その地位や権益が譲渡されたのだと言われているのです。

一方「連(むらじ)」は、神武天皇に始まる歴代の天皇方とともに建国戦争を戦った豪族に与えられた姓です。蘇我・物部戦争の百年前は、大伴氏という一族がその筆頭者でした。この大伴氏というのは、九州から神武天皇の「伴」をしてついて来たクメ軍団の子孫です。
その神武天皇の近畿上陸を阻んだのは、天皇の祖先と出身地を同じくしながら一足先に大和の西北部に入ったニギハヤヒという人を祖先とするトミの一族でした。天皇はトミ族の長、ナガスネ彦に河内湾からの上陸を阻まれ、仕方なく紀伊半島を船で半周し、熊野道経由で大和に入らなければならなかったと古事記や日本書紀に書かれています。

この時トミ族の中から主人を裏切って、神武天皇の陣に駆け込んだウマシマジという男がいました。このウマシマジは、ナガスネ彦の妹の息子にあたる人物だそうで、彼の下にも多数の部下がいました。最後まで抵抗したナガスネ彦とともにトミの人々は神武天皇に滅ぼされましたが、その前にトミ族を寝返ったウマシマジの一派は朝廷与党としてその後もますます出世していくのです。それが物部氏の祖先だったという訳です。
物部氏は朝廷の要職の地位にあって、嘗ての主家の人々の子孫を奴隷のように従えてきたのです。天皇からの信任もあつく、石上神宮で国の武器を保管することもありましたし、大伴氏が衰退して後は大連となって国軍を統率する地位にもありました。 ですから守屋を射殺したイチヒという人は、聖徳太子の部下でも、蘇我馬子の部下だったとも考えにくいのです。彼は長く物部氏に支配されてきたトミ族の出でした。ですから強制的に物部軍に従軍させられたのです。いくら守屋でも、陣営内の至近距離から射られた矢は、防ぎようがなかったでしょう。だがイチヒが物部軍に参陣していたとするのなら何故、自軍の大将を裏切って射殺する必要があったのでしょうか。

それを推理する前に思い出したいのは、聖徳太子伝説の中で、用命帝の治世、太子が、国中にあふれた疱瘡に苦しむ病人たちを、南大和の上宮に集められ、介護をなされたという話なのです。この話は、隠れた仏教徒や、医学の知識を持った渡来人たちが力を合わせ、全国規模でこの伝染病に苦しむ人々の治療にあたったという実話を、象徴的に太子お一人の偉業に変えられたのではないかと私は思うのです。昔々の大和朝廷建国戦争の因縁によって、被支配階級に閉じ込められていた人々が、どんな人間をも平等に介護する仏教徒たちの姿を見て、目から鱗が落ちるように人権意識に目覚めたのではないでしょうか。

一方、物部を初めとする古来の神々を信仰する勢力は、病気は穢れだとして、病人が出た家を焼き、病人たちを領地から追い出しました。もしかしたら冷たく追い出された病人たちの中に、イチヒの親族がいたのかもしれません。恐らく介護の甲斐も無く死んでいく者もいたのでしょうが、介護を尽くした仏教徒たちから、善人の死後の世界は極楽浄土であって、また何時の日か別の人間になって生まれ変わって来ることも出来るのだ、人間の生命は無限なのだと教えられ、きっと心平安に息を引き取ったことでありましょう。

まさかトミのイチヒが、大昔の神武天皇建国時にまで遡って、先祖ナガスネ彦の恨みを果たすつもりで物部の大将を射殺したのではないでしょう。しかしながら、これは仏教的な因果応報にも見えますから、歴史というのはとても興味深いですね。ただイチヒにすれば、この戦争がもしもこのまま物部軍の勝利になれば、人間には生まれる前から上下の差別がなく、平等なのだと説く思想が、この国から永遠に失われるかと思うと、どうしても自分で自軍を滅亡させなければならなかったのではないのでしょうか。  (後編に続く)



2004年8月15日
古代の神国日本に仏教伝来の衝撃(後編)

聖徳太子の大乗仏教を取り入れた国つくり
朝鮮半島から仏像とともに仏教が伝来したのは六世紀前半ですが、それまで国民はアマテラス大御神やオオクニヌシなどの神々を崇拝していましたし、太陽神アマテラス直系の子孫である天皇様が治められる日本国でありますから、仏教が東アジア全域に広がった素晴らしい教えであっても、そう簡単に我が国に根を下ろせる訳ではありません。

シリーズの前編、中編でもお話ししたように、天皇にお仕えする群臣にも、またご皇族の中にも、仏の教えをこの国に広めたいと考える人達と、異国の宗教はごめんだとする人達とに分かれていました。そこへ聖徳太子の父君、用命天皇の崩御(ほうぎょ)が契機となって、崇仏か排仏かに加え皇位継承が絡んでの戦争となりました。結果は崇仏派の蘇我馬子と、馬子と血縁関係にある皇族方の勝利となりました。若き日の聖徳太子、この頃は厩戸皇子(うまやとのみこ)と言いましたが、崇仏派の戦士として勇敢に排仏派の物部(もののべ)の兵らと戦われました。
物部討伐戦争が終わると、敏達(びたつ)、用命両天皇の腹違いの弟君、聖徳太子生母、間人(はしひと)様の実の弟君にあたる皇子様が、蘇我馬子に推されて崇峻(すしゅん)天皇として即位なさいました。だが天皇はその後、サポーターだった蘇我馬子を次々に裏切って行かれました。いつまでたっても仏教公認の宣言はなさらず、逆に石上神宮にいた物部親族の美しい巫女を後宮に入れられ、今にも排仏に転ばれそうな雰囲気でした。

それよりも馬子が天皇を警戒するようになったのは、昔から天皇自身は無防備で、連(むらじ)と呼ばれる群臣のみが天皇を守る軍を公然と持ち得たのに、天皇は大連(おおむらじ 連の長)の物部が既に滅んだからと、天皇直属の二万の軍を強引に編成されました。
天皇には中国や半島の先進諸国に学ぶ軍政改革だったのでしょうが、神武天皇以来、天皇家と群臣が交わしてきた約束事を、天皇が一方的に違えたと蘇我馬子は激怒したのです。

蘇我馬子は天皇の軍がいつの日か蘇我を滅ぼしに来るのではという不安を排除するために先手を打ちました。二万の官軍が半島新羅との戦争のため北九州に派遣され、天皇の警護が手薄になった機会をとらえて、馬子は天皇に妃として差し出した我が娘をやるからと若い男をたぶらかし、宮殿内で天皇を暗殺させたのです。そして馬子は天皇殺害とその妃を犯した罪まで追求してその男を死罪にしました。

この時、皇太后様の愛娘であったことで皇族の中では崇峻天皇より実権をお持ちだった炊屋媛(かしきやひめ 敏達天皇皇后)様は、馬子の朝廷をないがしろにした暴虐な行いには大層ご立腹なされたのですが、とは言うものの九州から二万の官軍が蘇我討伐に戻って来れば国中が収拾のつかない大混乱となろう、それだけは抑えなければならないとご自身でこの事件の泥を被り、都の変事は予定されたことであり、冷静に任務を遂行せよとの命令書を九州にいる官軍に出されました。次の天皇は炊屋媛様をおいて他はないと天下人馬子をして思わしめる、正に歴史が動いた瞬間でした。そしてこの炊屋媛様が推古天皇、我が国初めての女帝として即位なされたのです。

その時、女帝の政務を補佐する摂政の太子となられたのが、二十歳になられたばかりの厩戸皇子、つまり後に言う聖徳太子でした。そして翌年の五九四年に、天皇は我が国での仏教伝道を公認する宣言をなさいました。朝鮮半島から仏教が伝わってから、既に半世紀の時が経っていました。

仏教が教えるテーマは二つあって、一つは上求菩提(じょうぐぼだい)と言って、修行によって心の鍛錬をして悟りを得ること。もう一つは下化衆生(げけしゅじょう)と言って、苦悩する多数の人々を仏の教えを伝えることでその元を断って救うこと。仏教には小乗仏教と大乗仏教とがあり、分かりやすく言うなら、前者のテーマを強く求めるのが小乗仏教、後者のテーマを強く求めるのが大乗仏教だと考えても良いでしょう。
さて聖徳太子は半島高句麗からやってきた高僧に大乗仏教を学び、小乗仏教を捨て、大乗仏教だけをこの日本に入れられました。そんな聖徳太子も実は太子になる前の一時期、外部との交わりを絶って座禅に明け暮れる日々がありました。その原因は太子の生母、間人(はしひと)様にありました。間人様は愛する夫(用命天皇)を疱瘡で失った後、蘇我一族(間人姉弟は馬子の姪、甥)でありながら物部側に走った弟、穴穂部(あなほべ)皇子の命まで、物部討伐の直前に馬子によって奪われた二重の精神的ショックからか、夫の先妻が産んだ義理の息子と出来てしまい、子供ができるという事件が起きました。

馬子は蘇我一族の恥を隠したいと考えたのか、あるいはそれを口実に間人様のもう一人の弟、崇峻天皇殺害計画の邪魔だったからなのか、間人様母子を都から遠く離れた丹後の漁村に隠棲させました。最近まで丹後には「間人」と書いてタイザと読んだ漁村がありました。皇后様が皇族を「退座」されて住まわれた、の意味でしょうか。そこで獲れる蟹は間人蟹(タイザガニ)と呼ばれ、冬の丹後の名産になっていますので、こちらをご存知の人の方が多いかもしれません。晩年の間人様は、太子が飛鳥から斑鳩に転居なされたのを機に、再度皇族として斑鳩宮に迎えられ、以後は中宮様と呼ばれました。

さて若き日の聖徳太子は、母親のことで煩悩の強さをまざまざとお知りになり、いかにすれば煩悩に立ち向かえるかと修行を続けられたのですが、上司の推古天皇に引き合わされた高句麗の高僧を師として大乗仏教を学ばれてからは、すっかり人生観や女性観を変えられたようです。まだまだ未開の後進国である我が国が、律令制度を整えた東アジアの先進諸国に追いつくには、個人の魂の光明化を求める小乗仏教よりも、社会全体の光明化を図る大乗仏教の教えを広めることの方が急務だと太子は悟られました。

太子は、群臣の子弟から出自にとらわれず人材を集められ、彼らを官僚にして政府を創り上げられました。官僚たちの官位を能力本位で分ける冠位十二階の制を定められ、官僚たちの行動を戒める法である憲法十七条を制定されました。また数度に渡る遣隋使を派遣なさいましたが、隋の周辺諸国とは違って、一度たりとも中国皇帝から日本国王が領土を安堵される形はとらず、終始対等な関係を保たれる見事な外交手腕を見せられました。
また太子創建七寺といって、四天王寺、橘寺、広隆寺、法隆寺、法起寺などの大伽藍の寺を次々と建てられました。また仏教研究家としても歴史に残る足跡を残されました。大乗仏教の三大経典の解説書「三経義疏(さんぎょうのぎしょ)」を書き表されたことです。おそらくこれが我が国で著された最古の書物であろうと言われています。

また「日本」の国号や、「天皇」という呼称を最初に考案なされたのも聖徳太子でした。しかし我が国が「天皇国日本」として歩み出すのは、それから百年も経った天武天皇の治世でした。そんな先見の明がある太子でも、できなかった国政改革がありました。それは国土と人民を国家に所属させるという、今で思えば当たり前のことでした。しかし仏教の影響を受け、生涯争いごとや対立を嫌われたため、群臣から領土人民を取り上げることができぬまま、六二二年、四十九歳の若さでお亡くなりになりました。

その二十三年後、中大兄皇子(天智天皇)や中臣鎌足」らによる大化の改新のクーデターによって、長い間、領土と人民を私有してきた豪族を代表する蘇我氏が滅ぼされ、聖徳太子が理想とされた、公地公民の制が、そして律令制度が、この国に成ったのは説明を要しないでしょう。(完)