対立のはざまで

   G20識者に聞く/下 米中さらに悪化も

   国際政治学者 イアン・ブレマー氏 


    毎日新聞2019年6月27日 東京朝刊 

   
   イアン・ブレマー氏=隅俊之撮影

 --今回の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で議長国としての日本の役割は何でしょうか。

 ◆昨年の主要7カ国(G7)首脳会議では、トランプ米大統領がメルケル独首相やカナダのトルドー首相らに腹を立てて途中で席を立った。その後のG20サミットは首脳宣言の採択さえ危ぶまれた。世界では今、強国同士の関係が非常に緊迫しており、我々は「地政学的不況」の中にある。米中が激しく争うだけでなく、かつて協力してきた国同士でも争っている。

 安倍晋三首相は強い政権を維持し、米国が多国間の枠組みへの関与を弱める中でも、日本はそこに深くコミットしてきた。G20首脳会議では建設的な首脳宣言を採択し、多国間の枠組みを維持し、世界貿易機関(WTO)の役割を強化するために多くの国から支持を得ようとするだろう。

 --米中対立をどのように見通しますか。

 ◆米中首脳会談開催が決まったのは良かった。米国から見て最低限のゴールは、貿易赤字の改善や知的財産の保護などについて中国と交渉を再開すること。中国にとっては、米国からのさらなる関税を避けること。また、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)問題で若干でも柔軟な姿勢を引き出すことだ。

 両者とも経済的な痛みは望まないから多少の「ウィンウィン」はあるかもしれない。ただ、会談を経ても米中関係はもっと悪くなるだろう。一つは、現在の米経済が好調で、米国が中国をたたくには好機だと考えているためだ。トランプ氏は中国からより多くを引き出そうとするだろう。もう一つは、新疆ウイグル自治区での強制収容問題や香港の「逃亡犯条例」改正問題などを巡り、米国が中国に厳しい態度を取ることだ。これは、米国では党派を超えて合意が得られている数少ない分野となっている。

 --米中対立が続く中、首脳会議の結果は厳しくなるのでは。

 ◆G20はないよりある方がいい。トランプ氏と習近平・中国国家主席も、会わないより会う方がいい。ただ、リーダー国家不在という「Gゼロ」の世界では、物事はより悪くなる可能性が高いとみるべきだ。だから、安倍首相ら首脳は、とにかく何か悪いことが起きずに首脳会議を切り抜けることを願うだろう。仲の悪い家族同士がクリスマスに集まることを想像してほしい。とんでもないことを誰も言い出さないことをただただ願おうと。いまのG20はこんな感じだ。【聞き手・写真、隅俊之】

 ■人物略歴

Ian Bremmer
 国際政治学者。1994年、米スタンフォード大博士号取得。政治リスク分析などを専門に行う「ユーラシア・グループ」の社長。近著に「対立の世紀 グローバリズムの破綻」。