2019年を展望

   リーダー不在のGゼロ時代「日本こそ指導役に」 米学者

   米国の政治学者イアン・ブレマーさん 


    毎日新聞2019年1月8日 東京朝刊 
    =山本和生撮影
危機の「種」発芽の恐れ 日本、中露と協力強化を 政治学者 イアン・ブレマー氏
 聞き手・佐藤武嗣、清宮涼

 政治リスク分析を行う米コンサルティング会社、ユーラシア・グループは7日、「2019年の10大リスク」を発表し、世界が極めて深刻な地政学的リスクにさらされていると警鐘を鳴らした。同社社長でリーダー国家不在の世界を「Gゼロ」と名付けた政治学者、イアン・ブレマー氏に世界の行く末と日本が置かれた現状を聞いた。【岩佐淳士、ニューヨーク國枝すみれ】


 --世界は今、どのような地政学的リスクを抱えていますか。

 ◆「Gゼロ」の世界における地政学的リスクは、ゆっくりと迫り、鮮明化しつつある。2018年の世界経済は好調だったが、地政学的には世界情勢は非常に悪い。いわば「地政学的不況」だ。ブレグジット(英国の欧州連合=EU=離脱)や欧州の弱体化、中国の台頭や欧米と対抗するロシア……。それらはすぐに深刻化するわけではないが、中長期的には極めて懸念すべきリスクだ。今後経済不況になれば、地政学的にも最悪の事態が訪れ、本当のリスクが顕在化するだろう。08年の世界経済危機には各国一丸となって対処できたが、そうした危機対応はもはやできない。我々は救命ボートの底に穴を開けているのだ。

 --トランプ米政権をどう見ていますか。

 ◆トランプ大統領が弾劾・罷免される可能性は低い。弾劾裁判権を持つ上院で与党・共和党が過半数を維持しているからだ。共和党員の間での彼の人気は高い。

 だが、トランプ氏やその周辺に腐敗や利益相反があるのは明らかだ。トランプ氏は怒りにまかせた愚かな行動を取る。疑惑を追及する民主党議員への報復として彼らのスキャンダルを司法省やFBI(連邦捜査局)を使って調べさせるかもしれない。最高裁判所に関しても、現時点では私は「法の支配」に基づく正しい判断をしていると信じているが、(トランプ氏の圧力によって)将来的にもそれが続くとの保証はできない。トランプ氏のように民主的なルールを拒む大統領は、米国の権力分立をむしばみ、政治機構にダメージを与える。トランプ氏が大統領になる前には存在しなかったリスクだ。

 --20年の大統領選でトランプ氏再選の可能性はどれだけありますか。

 ◆かなり低い。支持率は低迷している。16年の大統領選で、人々はエスタブリッシュメント(主流政治家や既存政治)に反発し、新しさを求めトランプ氏に投票したが、今はまた別のものを求めている。民主党が「新しい何か」を有権者に提示できれば勝てるだろう。

 --東アジア情勢はどうなりますか。

 ◆この先20年で最もあり得るシナリオは、経済、軍事、技術的な面で中国が支配的な国家になることだ。日本との間に深刻な問題を抱える相手が突如として支配者になる。韓国は経済的に中国の影響下に置かれ、技術的に中国と緊密化し、より中国寄りの外交姿勢を取るだろう。日韓関係もさらに難しくなる。

 安倍晋三首相は以前に比べ中国と良い関係を築いていると思う。中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」への協力姿勢を示したのも良いことだ。「もはや米国だけに頼ることはできない」と気づいたのではないか。

 「Gゼロ」時代は10~20年続き、その後の世界秩序を担うのは米国ではない。中国は唯一の支配国とはならなくとも、支配的な役割を演じるだろう。日本はそうした状況をしっかりと受け止める必要がある。

 --安倍政権はロシアとの平和条約締結を目指しています。

 ◆平和条約締結交渉は日本が取り組むべき仕事だ。中国の台頭が顕著になる一方で、米国との同盟関係にはかつてほどの固い信頼を置けない。この先日本は人口が減り、軍事的に中国に勝ることもないだろう。

 そうした中でロシアとの関係で長年の行き詰まりを打破できれば、経済協力や投資を促進するだけでなく、安全保障面でも有利になる。私は日本がロシアと平和条約を締結したからといって、米国との関係が悪化するとは思わない。日本はロシアとの協力関係を強化すべきだ。