世界の見方



   混迷もたらした対立型政治

   ロドリゴ・プランド教授 マッケンジー大(ブラジル) 


    毎日新聞2020年7月5日 東京朝刊


 ブラジルでは、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化すると同時に政治の混迷も深まっている。自身に批判的な人や組織を「敵」とみなす元軍人の極右・ボルソナロ大統領の「対立型政治」が大きな要因だ。この手法を始めたのは、貧困層を支持基盤とする左派・労働党政権(2003~16年)の初期を率いたルラ元大統領だった。富裕層を「敵」と見立て、前任者の業績について「負の遺産」とのイメージを植え付けた。

 その反動が18年の大統領選で起きた。ボルソナロ氏は汚職が続出した労働党への批判を取り込むため、同党候補を激しく攻撃し、富裕層を中心に人気を集めた。当選後、国民融和を呼びかけるべきだったが、攻撃姿勢を強め、攻撃対象も広げた。19年、大統領選時に所属した政党と仲たがいして離党すると、この政党への攻撃も激化させた。「自分が新しい政治を作る。他は古い政治だ。各方面からお金を集め、汚職を繰り返す人間とは話したくない」と主張した。命令に忠実な古巣の軍出身者を政府高官ポストに多く起用し、独裁者のイメージが強まっている。

 政界だけではない。ボルソナロ氏は、ウイルス対策で消極的だと自身を非難する主要メディアを「フェイクニュース」と決めつけ、批判を強める。医学的知識に基づき積極的な対応を求める医療・科学界も攻撃した。自身の捜査介入疑惑の調査を主導する連邦最高裁を「権力の乱用」と非難し、ボルソナロ氏の辞任を求める反対派市民については「テロリスト」とののしっている。

 一方、下落傾向にあったボルソナロ氏の支持率は最近、30%程度で横ばい状態だ。「対立型政治」の戦略は3割の支持を保つのに効果的かもしれない。ボルソナロ氏がどんな決断をしても賛同する国民が一定数いる。だが、憲法で定める「全ての国民のための政治」という大統領の役割は無視されている。【構成・山本太一】

 ■ことば

ブラジルの新型コロナウイルス流行
 感染者数、死者数ともに世界で2番目に多い。各自治体は3月下旬から経済活動を制限したが、連邦政府を率いるボルソナロ氏は経済界への配慮から制限措置の撤廃を要請した。連邦最高裁が4月、制限措置の権限は自治体が持つと判断し、措置は維持されている。