異なる音色、混迷の世界で

   イスラエル国籍の指揮者バレンボイム氏 


    2018年6月19日05時00分朝日新聞 
   
ピアニストとして初来日したのは1966年。マルタ・アルゲリッチとの連弾も多い。「ベートーベンのピアノ・ソナタ全曲演奏にも再び取り組むつもりです」=ベルリン、峯岸進治氏撮影


 対立する相手との対話や共存は可能か――。音楽を通じてその可能性を探る世界的指揮者兼ピアニストのダニエル・バレンボイム氏(75)。イスラエル建国とパレスチナの大破局(ナクバ)から70年のいま、混迷を深める中東、世界の状況は彼の目にどう映っているのか。

 アルゼンチン出身のロシア系ユダヤ人でイスラエル国籍を持つ。自国の対パレスチナ占領政策を鋭く批判してきたことで知られる。

 「どの紛争も双方に正しい部分と相手にとって受け入れがたい部分がある。でも中東紛争では、国家と軍隊を持つイスラエルに、より大きな責任がある」

 ■大使館移転に抗議

 トランプ米大統領によるエルサレムへの米大使館移転に抗議して、「まず関係国はパレスチナを主権国家として承認すべきだ」とイスラエル紙に寄稿した。

 「それが起きるはずがないことは分かっている。イスラエル政府にその気は全くないのだから。でも、スパイになって政治家の頭の中をのぞいてみたい。一体、どうやってこの紛争を終えるのかと」

 音楽を通してパレスチナとの対話を重ねてきた。パレスチナ人思想家の故エドワード・サイードと1999年に創設した「ウエスト・イースタン・ディヴァン管弦楽団」で、イスラエルとパレスチナ、アラブ、イランの若手奏者を集めて演奏を続ける。緊迫した政治状況は活動に影響を与えないのか。

 「影響は全くない。我々はみな、個人の政治的な信条に従って動かないように努めている。全員が信じているのはただ一つ。軍事的な解決も政治的な解決もない。あるのは音楽や友情、議論を通じた人間的(ヒューマン)な解決だけだということだ。ベートーベンについては百%の同意を求めるが、紛争について何か合意を求めようとは思わない」

 ■音楽家はみな平等

 音楽で可能な対話は、なぜ現実の世界では難しいのか。

 「オーケストラで演奏する際、音楽家はみな平等です。検問所も警察の巡回もない。占領者も被占領者もいない。だから音楽では可能なのです。ディヴァン・オケは人道的なプロジェクトです。この20年弱で少なくとも800人は参加した。彼らの生活、考え方は変化したのではないでしょうか」

 89年秋、ベルリンの壁が崩壊した直後には、東独の市民を招き、ベルリン・フィルを指揮して特別演奏会を開いた。そのドイツでは今、ポピュリズム政党が躍進し、難民排除など排外主義が高まる。

 「欧州の文化は欧州連合(EU)とは関係なく、みなギリシャに由来するものです。文化こそ欧州に共通のものなのです。(自国第一の)ポピュリズムによって、それが失われてしまうのではないか。でもドイツ人の大多数は依然、世界のどの国よりも過去に向き合っている。罪の意識よりも責任感からのものだ。ドイツに住むユダヤ人として称賛すべきことだと思う」

 ディヴァン・オケは2011年に韓国側の南北境界線そばで公演した。「彼らは東西ドイツと同様に同じ民族が二つに分かれている。東西ドイツがゲーテやベートーベンを共有していたように、南北朝鮮も過去を共有しているはずだ。機会があればまた行きたい」

 音楽総監督を務めるベルリン国立歌劇場のコンサートマスターに今年5月、韓国人女性を登用した。

 「今日、アジア人の女性団員のいないオケはないといっていい。ドイツらしい音色を出すために団員がドイツ人である必要も男だけである必要もない。一級の楽団とは数カ国語をアクセントなしに完璧に話せる人のようなものです。ベートーベンをドイツ的に、ドビュッシーをフランス的に演奏する。ここの楽団はそれができる。21世紀のオーケストラは完全に異なる音色、異なるスタイルで演奏することができるべきなのです」

 16年の来日では、ブルックナーの交響曲全曲演奏(チクルス)に取り組んだ。

 「全曲演奏することでその作曲家の全容をつかむことができます。音楽を演奏するときにエネルギーを使う人がいるが、私は音楽からエネルギーをもらう。演奏会の後、疲れたことは一度もない。いい葉巻を吸いたくなります」(ベルリン=石合力)