交響曲第13番 (ショスタコーヴィチ)  

   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


    2019年10月10日採取



第1楽章
"Бабий Яр" (バビ・ヤール) Adagio

バビ・ヤールでのナチのユダヤ人虐殺や、帝政ロシア時代末期の反ユダヤ団体「ロシア民族同盟」によるユダヤ人排斥運動、ドレフュス事件、そしてアンネ・フランクなどに触れつつ、未だロシアや世界に蔓延る反ユダヤ主義を激しく糾弾する。

バビ・ヤールに記念碑はない。
切り立つ崖が粗末な墓標だ。
私は恐ろしい。
今日、私は年老いたように感じるのだ、
あのユダヤ民族と同様に。

今、私は自分がユダヤ人だと思えるのだ。
ほら、私は今古代エジプトを彷徨っている。
ほら、私は十字架に釘付けされて死ぬのだ、
そして今も私に残る釘の痕。
ドレフェスは私である、と思える。
俗物根性が私の密告者、そして裁判官。
私は孤立無援。
私は鉄格子の中、痛めつけられ、罵られ、辱しめられて。
ブラック・レースの夫人たちが、
かなきり声で、傘で顔を突く。
そして、ベロストークの少年は私のことだと思うのだ。

血が流れ、床に広がる。
酒場のゴロツキ達が暴れ周り
ウオッカとねぎが匂う。

長靴で蹴飛ばされた、力ない私は、
ユダヤ人集団虐殺者達に虚しく頼む。

「ユダ公を殺せ、ロシアを救え!」
喚きの中で粉屋が自分の母を叩きのめす。

おお、我がロシア民族よ! 私は知っている
お前は元来、国際的なのだ。
しかし、汚い手をした奴らが、
お前の清らかな名を唱えたのだ。
私は知っている、この土地の優しさを。
だが、何たる卑屈、反ユダヤ主義者達は、
厚かましくも、自らをこう名乗ったのだ。

「ロシア民族同盟!」

私は思う、自分がアンネ・フランクであると、
4月の小枝のように清純なアンネであると。
そして私は愛することをするし、私に飾り文句は要らない。
だが、必要なのは私たちが見つめあうこと。
何と僅かしか見たり、嗅いだり出来ないものだろうか!
木の葉も私たちには禁止
空も私たちには禁止。
しかし、とてもたくさん出来ることがある
それは優しく部屋で抱き合うこと。

ここへやってくるのか?

怖がるな、あれは春の轟き
春がここへやって来る。
私のところまで来て、早く口付けを。

ドアを壊しているのか?

いや、あれは春の流氷…

バビ・ヤールに雑草が茂る。
木々は裁判官のようにいかめしく見つめる。
全てが無音の叫びを挙げるここで、
脱帽した私は次第に白髪になって行く。

そしてこの私は、無音の叫びの塊として、
数万の虐殺された人々の上にいる。
私はここで銃殺された老人だ。
私はここで銃殺された子供だ。
私の中の如何なるものも、それを忘れはしない!

「インターナショナル」を轟かせろ、
地上最後の反ユダヤ主義者が
永遠に葬られる時に。

私の身体の中に、ユダヤの血はない。
だが激しい敵意を込めて私は憎まれる
全ての反ユダヤ主義者達に、ユダヤ人として。

だから、私は真のロシア人なのだ!



第2楽章
"Юмор" (ユーモア) Allegretto

この世のどんな権力者、支配者もユーモアを手なずけることはできなかった、と歌う。皮肉と毒に満ちた楽章である。バルトークの「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」第3楽章の旋律が引用されている。これは、自身の「イギリスの詩人の詩による6つの歌曲」第3曲「処刑前のマクファーソン」の再引用である。明らかにバルトークを意識しており、「交響曲第7番」第1楽章「戦争のテーマ」の皮肉な引用のされ方への意趣返しと思われる。


王、皇帝、帝王、
この世の支配者達は
観兵式を思い通りに出来たのだが、
ユーモアには出来なかった。
毎日ぐうたら過す
偉いさん達の宮殿に、
さすらうイソップが現れると、
彼らは惨めに見えた。

ごますりをする奴の細い足に
汚された邸宅で、
ナスレッジン・ホジャは将棋をするように、
あらゆる俗物性を洒落で片付けた!

彼らはユーモアを買収しようとした、
ユーモアは買えないぞ!

彼らはユーモアを殺そうとした、
しかし、ユーモアに馬鹿にされた!

ユーモアと遣り合うのは楽じゃない。
次々と死刑にした。

斬られたユーモアの首が
従兵の剣先に載った。

しかし、旅芸人の笛が
物語を始めようとした時、
ユーモアは叫んだ 「私はここにいるよ!」

そして勢いよく踊り始めた。

政治犯として捕まったユーモアは、
擦り切れたコートを纏い、
うつむき加減に、あたかも控えめであるように、
絞刑場へと歩いて行った。
どう見ても従順であるように見え、
あの世への覚悟も満ちていた。
ところがふとコートから抜け出して、
片手を打ち振るった。

さぁ、隠れんぼ!

彼らはユーモアを牢獄に閉じ込めたが、
上手く事は運ばなかった。

鉄格子も石壁も
ユーモアは抜けて通って行った。
風邪で咳きをしつつ、
ユーモアは下等兵として、
小馬鹿にした歌を歌いながら進んで行った、
銃を掲げ、冬宮目指して。

ユーモアは嫌われるのに慣れてしまった、
その事は痛くも痒くもない。
ユーモアはユーモア自身も
ユーモアで扱う。

ユーモアは不滅だ…不滅だ!

ユーモアは機敏だ…機敏だ!

そしてすばしっこい…すばしっこい!

どんな物、どんな人も通り抜ける。

このユーモアに栄光あれ!
ユーモアは勇気のある人間だ。



第3楽章
"В магазине" (商店で) Adagio

ペリメニ(餃子)を買いに商店を訪れた詩人は、家庭の生活のために寒さに耐えながら行列に並ぶロシアの女性たちを目にし、様々な苦難に耐えてきた彼女らを「女神たち」と讃え、彼女らにボッタクリを行う商店に対し怒りを覚える。一方詩人自身は、女性たちのような買い物籠は持たずにブラッと来店し、当時の高価なインスタント食品のペリメニを買ってポケットに突っ込んで店を出る、という世間離れした生活をしていることが示唆されている。なお「万引き」という解釈は全くの誤解で、ソ連時代の冷凍ペリメニの袋は大きいのでポケットからはみ出てしまう。


大小のネッカチーフを被り、
手柄を立てる為に、仕事へ出掛けるように、
女たちは商店へ入って行く
黙ったまま、一人ずつ。

おお、女たちが持っている空き缶や空き瓶、
鍋の響き、
葱、胡瓜の匂い、
「トマト」ソースの匂い。

レジへの長い行列で悴んでしまい、
私がそこへ近づいて行くと、
大勢の女たちの息で
どんどん暖かくなって行く。
女たちは静かに待っている、
家庭の優しい女神たち、
全員手に握りしめている
自分の労働で得た金を。

これがロシアの女たちだ、我々の誇り、
そして私たちを裁くのだ。
女たちはコンクリートを捏ね、
田畑を耕し、収穫もした。
全て女たちは耐えて来た、
全て女たちは耐えて行く。

この世の全てを女たちはこなすことが出来る、
何という力なのだ!

レジで女たちを騙すのは恥なこと、
計量で女たちを騙すのは罪なこと。

ペリメニをポケットに入れ、
私は厳しく、静かに見つめる、
袋を持ちくたびれている、
女たちの正義の手を。



第4楽章
"Страхи" (恐怖) Largo

スターリン時代の密告や粛清による恐怖はロシアで「死のうとしている」が、偽善や虚偽がはびこるという新たな恐怖が存在していると歌う。


恐怖はロシアで死のうとしている、
過ぎし去り年月の亡霊のごとく。
ただ、教会の入口の近くで、
乞食老婆のようにパンを求めるだけ。

勝ち誇る虚偽の宮殿で力をふるった、
恐怖を私は覚えている。
恐怖は何処へも影の如く入り込み、
どの階段にも忍び込んだ。
こっそりと人々を手なげつけ、
全てに刻印を押して行った。
沈黙すべき時に叫ぶように、
叫ぶ時には沈黙すべきように馴らした。
これは今では過去の事、
今となって思い出すのはおかしな事だ。
誰かの密告に対するひそかな恐怖、
ドアを叩く音へのひそかな恐怖。
そして、外人と話す恐怖は?
外人なら未だしも、妻と話す恐怖は?
そして、葬送行進曲の後
静けさだけが残る言いがたい恐怖は?

我々は吹雪の中の建設を、
砲弾の下での突進を恐れなかったが、
自分自身と話し合うことを
時々死ぬように恐れたのだ。
こうして我々は倒されても腐りはしなかった、
今、敵達との中での
恐怖に打ち勝ったロシアは
更に大きな恐怖を生み出しているのだ!

私は新たなる恐怖を見ている、
国に対する不誠実な恐怖、
真実である思想を
虚偽で卑しめる恐怖、
馬鹿になるまで促す恐怖、
他人の文句を繰り返す恐怖、
他人を不信に陥れ
自分を持ち上げる恐怖。

恐怖はロシアで死のうとしている。

そして私はこの詩を書きながら、
時々心外なのだが急ぐのは、
全力を尽くして書かないという、
たった一つの恐怖からなのだ。



第5楽章
"Карьера" (出世) Allegretto


地動説を主張し続け軟禁されたガリレオ・ガリレイを例に、世俗的出世を捨て、危険を顧みず、人々に呪われてでも信念を貫き、後の世に認められる生き様こそが真の「立身出世」であると歌う。


司教達はガリレオを
悪者で愚か者と決めつけた。

(ガリレオは愚か者。)

しかし、時の距てから明らかのように、
愚か者が正しい。

(愚か者が正しい。)

ガリレオと同時代の学者は、
ガリレオよりも馬鹿ではなかった。

(ガレリオよりも馬鹿ではなかった。)

彼は地球は回るということを知っていた、
だが、彼には家族がいた。

(だが、彼には家族がいた。)

そして、自分の信念を曲げ、
妻と立派な馬車に乗って、
これこそ立身出世と思っていたが、
ところがその事を壊してしまった。

(ところがその事を壊してしまった。)

この惑星の認識の為に
ガリレオはひとりで危険を冒し、
そして彼は偉大になった。

(そして彼は偉大になった。)

これこそが
私のいう出世主義者だ!

そして、出世に万歳、
その出世は、
シェークスピアやパスツール、
ニュートンやトルストイ、
トルストイが行ったようなものだ。

レフ(トルストイ)...?レフ!

何故彼らは汚名を着せられたのか?
どれだけ非難されても、天才は天才なのだ。

中傷した奴らのことは忘れられる。

しかし、中傷された者は歴史に残る。

(しかし、中傷された者は歴史に残る。)

成層圏を目指した者、
コレラになって倒れた医者、
彼らこそが出世したのだ!

私は彼らの出世を手本にする。

私は彼らの神聖な信念を信じる。
彼らの信念は私の勇気。
私は出世しないのを、
自分の出世とするのだ!