geidai2013


論点





    あさま山荘事件50年

    聞き手・鈴木直


    毎日新聞 2022/2/16 東京朝刊



あさま山荘事件50年

 共産主義革命を掲げた「連合赤軍」によるあさま山荘事件から半世紀。メンバーは山荘に立てこもる前、群馬県の山中などで14人もの「同志」を殺害していた。凄惨な一連の事件は、日本の若者の社会運動離れや政治離れを起こす一因となった。事件の背景やその後への影響、同時期の他国の運動との違いについて考える。



「自立」なき兵士たちの過ち 植垣康博・元連合赤軍兵士
    
 連合赤軍事件のある遺族の「下手な反省で済ませないでほしい。なぜ彼らが死んだのか、わからないままになる」という言葉と、殺された人の気持ちは同じだろう。そう信じて、この半世紀、連合赤軍について考え続けてきた。


 事件の原因でまず挙げられるのは、大衆運動や革命を指導する前衛党の組織論だ。指導部がすべてを決定し、下部は絶対服従するというロシア革命以来の考え方である。この組織論が、ソ連や中国、カンボジアなどで粛清や虐殺を起こした。私たちも、規模は違えど同じ過ちを犯した。

 あの頃、全世界にベトナム反戦運動が広がり、日本でも全共闘や三里塚闘争など真新しい大衆的な運動が高揚した。だが、大衆運動だけでは機動隊にすら勝てない。先の展望が見えない。革命の突破口を開こうと、爆弾などの武装闘争に活路を求めた若者も少なからずいた。しかもその際、旧来の前衛党型組織に吸い寄せられた。私も、前衛党主義で連合赤軍の前身だった赤軍派の兵士になった。


 山岳ベース(山小屋)を米軍から武器を奪う出撃拠点にするつもりが、別の党派の革命左派も合流して軍事訓練が始まった。両派が合同して連合赤軍を結成。メンバーが過去の言動や行動を総括(反省)して革命を担える戦士になるまで山を下りないことになった。何の計画性もなく、話がころころと変わった。私は「なるようにしかならない」とやけくそになった。

 総括の「援助」と称して、運動部的なしごきと暴力が始まった。連合赤軍の指導者だった森恒夫は、以前に剣道で気絶して意識が戻ったとき、「全てを受け入れられるようになった」経験から、殴って気絶させればメンバーが総括しきれると考えた。後のオウム真理教の修行と似ている。当時は、親が子どもにしつけとして暴力を振るうことも珍しくなく、暴力のハードルは低かった。


 リンチなどの末に人が死ぬと、森ら指導部は「敗北死」「高次な矛盾」などと解釈した。一般に「難しい言葉」を使いこなす人は偉いと思われがちだった時代だ。難解な論理を展開されると、「何かおかしい」と思っても受け入れてしまう。極寒の山中で1カ月強。あっという間に12人が死んだ。

 当時、ドイツなどにも武装闘争組織はあったが、日本以外ではこれほどの同志殺しは起きていないようだ。組織が上意下達でも、下部が指導部に間違っていることを「おかしい」と言えるほど、メンバーが個人として自立していたのだろう。私が連合赤軍について「我々」ではなく「私」を主語に書こうと思い至るまで逮捕後約5年もかかるほどに、日本の場合は個人でものを考えられなかった。


 一連の事件で亡くなった大槻節子さんに、結婚を申し出ていた。今も彼女を思い出す。だが、感傷を書きつづったりはしない。彼女だけの問題ではないからだ。本当は、連合赤軍だけの問題でさえない。生き残った私は「なにをなすべきか」。過去の過ちから逃げず、若い世代へ伝え続けるほかない。【聞き手・鈴木英生】



繰り返さぬために「自由」を 小杉亮子・埼玉大准教授
    
 連合赤軍事件は衝撃の大きさゆえに、1960年代後半の学生運動の記憶を否定的に上書きしてしまった。私は東大闘争を研究しているが、当時の学生運動参加者の中には事件の衝撃から運動を離れた人もいる。連合赤軍事件は人々の心を社会運動から離れさせる一因となった。

 2015年の安保法制反対運動に多くの学生が参加した時、「以前の学生運動は組織動員で暴力的だったが、今は個人の主体的参加で非暴力」などと盛んに論評された。当時の学生運動全般が否定的で平板なイメージの中に押し込められている。また、日本全体が右傾化する今、連合赤軍事件はますます理解されづらくなっている。

 しかし、60年代後半の学生運動や連合赤軍事件は、丁寧に見ていけば当時生まれていなかった者にも了解や共感が可能で、そこからくみ取れることもある。まず「ベトナム戦争反対」は当時の多くの学生の共通認識だった。親や親戚が太平洋戦争に関わったり、原爆や空襲の被害者だったりする若者もまだ多く、日本がベトナム戦争に「加担」しているという社会の不正を見逃せなかった。ゲリラ戦で政権を倒したキューバ革命の記憶は新しく、社会変革を目的とした実力行使についての考え方も今とまったく違っていた。

 上意下達の軍隊的な組織や、体制転覆という目的のために個人よりも組織が優先されるというロジックは、連合赤軍に限らず当時の新左翼党派なら持ちえたものだった。社会の不正義をただそうと運動に飛び込んだ若者の中に、さまざまな経緯で連合赤軍に至り、山岳ベースをつくった者がいた。外界から閉ざされた集団の中で隘路(あいろ)に陥った。それが連合赤軍事件だったのではないか。

 今後の社会運動が連合赤軍のような過ちを繰り返さないために必要なのは何か。私は最近、キーワードは「自由」なのではないかと考えている。当時も党派に属さない学生たちを中心に、自由な運動体を模索する動きはあった。東大闘争では水平的な組織づくりを試み、全員が合意形成に参加できるよう議論を重ねた。しかし当時の東大生の女性比率はわずか4%。そこで模索された自由とは、知的体力のある男性中心の自由に過ぎなかったかもしれない。

 多様な人々を対象とした自由の尊重は、近年の反グローバル化運動に見いだすことができる。08年の北海道洞爺湖サミットでは、サミットに反対する活動家が世界中から集結した。多様なバックグラウンドを持つ活動家たちが自分らしく活動できるよう、ビーガン(動物性のものを食べない人)向けの食事が提供され、どんな性自認の人も心地よく使えるトイレがつくられた。自由の実現とは、それほど繊細な配慮を要するのだ。

 連合赤軍も学生運動も突然出現したのではなく社会の歴史や政治文化から生み出されたものであり、そこには生身の人間の苦闘があった。参加者の内面にまで分け入って立体的に理解しようとすることが、今後の運動の豊かさにつながるはずだ。【聞き手・小国綾子】



「若者の反乱」独では遺産も 西田慎・奈良教育大教授
    
 1960年代後半~70年代に各国で起きた若者らによる社会変革運動が武装化に向かったのは日本だけではなく、ドイツでもみられた。だが、日本のような仲間を殺害する内ゲバはほとんどなかった。

 ドイツでは、70年代に赤軍派が銀行強盗をしたり、米軍施設や警察を襲撃したりしていた。72年に結成メンバーである「第1世代」の多くが逮捕された。これに続く第2世代は、第1世代の奪還を目指してテロを繰り返し、77年には経済界トップでナチス親衛隊将校の経歴を持つシュライヤー氏を誘拐した。彼らは収監されている第1世代の釈放を求めたが、政府は拒否。赤軍派はシュライヤー氏を殺害した。この事件をピークにテロは下火になっていく。

 赤軍派に限らず、当時のドイツの若者を突き動かしていたのは、親世代がナチスの犯罪を直視せず、「過去の克服」に向き合っていないことへの怒りだった。ナチスの犯罪に、間接的にであれ加担した親や祖父母の世代との世代間対立の構図だ。当時の運動に対しては、「集団的父親殺し」との見方もある。

 これに対し、日本では「過去の克服」を前面に出す印象は薄いように思う。大学紛争は「戦時中の大学教授らの過去を問う」というよりも、学費値上げや教育の質の低下といった身近な問題が発端だった。ベトナム反戦運動でも、「日本も加害者だ」という認識はあったが、少なくとも当初は、再び戦渦に巻き込まれ、被害者を出してはいけないとの考えから運動に参加したという人が少なくなかった。

 過激化した運動のピークを、ドイツではシュライヤー氏殺害事件、日本ではあさま山荘事件と考えると、「終わり方」に大きな違いがある。

 ドイツでは、シュライヤー氏の殺害と前後して、独房に収監されていた赤軍派の第1世代の3人が一斉に自殺した。しかも、首をつった1人の写真が週刊誌に出た。政府は自殺だと発表したが、権力に殺された政治的暗殺ではないかとの疑惑は晴れず、左翼の抗議デモが起きた。シュライヤー氏が経済界の大物で、かつ元ナチスという「あしき過去」の象徴とも言える人物だったこともあいまって、第1世代の3人には一部であれ「殉教者」のイメージが付くことになった。

 一方、あさま山荘事件では、死体を掘り起こすという警察による演出めいた面はあるものの、凄惨な「同志殺し」が発覚したことで多くの人が運動から離れた。

 こうした終わり方の違いによって、ドイツでは今でも赤軍派にシンパシーを持っている人はいないことはないが、日本で連合赤軍を肯定的に捉える人はほとんどいないだろう。そして、その後の社会に与えた影響にも違いが生じている。ドイツでは、当時の社会運動の「遺産」の一つとして、「緑の党」がある。この世代が中心になってつくったのだが、次世代にうまくバトンを渡し、今や、若い世代に最も支持される政党になっている。当時の社会運動の理念が塊として引き継がれることのなかった日本とは対照的だ。【聞き手・鈴木直】

「総括」エスカレート
 1972年2月19~28日、長野県軽井沢町にある保養所のあさま山荘に立てこもり、警官ら3人を射殺。連合赤軍は暴力革命を目指して銃で武装し、軍事訓練をするなどの目的で山中の小屋を転々とした。71年12月下旬以降、メンバーに対する「総括」が暴力にエスカレートした。リンチなどによる死者のほか脱走者や逮捕者も相次ぎ、あさま山荘まで残ったのは全約30人中わずか5人だった。


 ■人物略歴
植垣康博(うえがき・やすひろ)氏
 1949年生まれ。あさま山荘事件の直前に逮捕された。8人の殺害に関与したとして殺人罪などで懲役20年。98年に出所。著書に「兵士たちの連合赤軍」など。=佐々木順一撮影

 ■人物略歴
小杉亮子(こすぎ・りょうこ)氏
 1982年生まれ。東北大大学院文学研究科博士課程後期修了。主な編著書に「東大闘争の語り 社会運動の予示と戦略」「メディアがひらく運動史 社会運動史研究3」など。
 ■人物略歴

西田慎(にしだ・まこと)氏
 1970年生まれ。独ハンブルク大博士課程修了。専門はドイツ現代史。著書に「ドイツ・エコロジー政党の誕生」、共著に「現代ドイツ政治――統一後の20年」など。