【有本香の以毒制毒】

  朝日新聞のサンゴ記事捏造は
  「悪質な反日フェイクニュース」だった
  メディアも激変した平成

    有本香


     2019.4.26 ZAKZAK by 夕刊フジ


 本コラムも「平成最後」の回ということで、30年を振り返り、最も「毒」が回ったものは何だったかと考えてみた。

 平成元(1989)年は波乱の年だった。幕開けのときの首相は竹下登氏。この内閣で史上初の消費税が導入された。この新税への不評と、リクルート事件での閣僚2人の辞任によって、竹下氏は早々に退陣に追い込まれる。

 後継の宇野宗佑氏はさらに短命だった。就任直後。週刊誌で女性スキャンダルが報じられ、テレビのワイドショーが連日これを取り上げたため、なんと69日で首相は辞任したのだ。この一連の流れは、日本国民の政治不信と無関心を一気に加速させたといえよう。

 そんな政界の大スキャンダルとともに、深く印象に残っているこの年の事件といえば、「朝日新聞珊瑚記事捏造事件」である。「KY事件」とも呼ばれるこの事件は、30年前のちょうど今ごろ起きた。

 沖縄県西表島で、朝日新聞社のカメラマンが、貴重なアザミサンゴに傷をつけて落書きし、その写真をもとに新聞記事(元年4月20日夕刊)を捏造した事件である。歴史に残る虚報・捏造事件といわれているが、これが単なるスクープ合戦の結果と見るのは正しくないだろう。

 あえて、いま流にいうと、器物破損もいとわず、記事に《精神の貧しさの、すさんだ心の…》と他人事のように記し、日本人の精神性を貶めようとした、「極めて悪質な反日フェイクニュース事件」であった。

 こうした不祥事がありながらも、新聞の発行部数は当時、右肩上がりだった。約10年後に発行部数は史上最高に達し、当時、企業の広報担当だった筆者は、全国紙の広告スペースをおさえるのに苦労した記憶がある。

 平成の後半に入るころとなっても依然、新聞はじめとするマスメディアが隆盛を誇る一方、裏腹に、政治はたびたび混迷し、日本経済も低迷し続けた。

 ちなみに、平成の時代に、自民党は二度、政権を手放したが、初回は平成5(93)年の衆院選後だった。このとき初当選を果たした1人が安倍晋三首相である。その後、順調に権力の階段を上った安倍氏は、平成の間に2度、総理の座に就いた。

 平成20年ごろとなって、マスメディア、特に新聞の退潮が顕著となってくる。部数の減少以上の勢いで、政局への影響力が削がれてきたのだ。

 平成の初めに登場し、後半、急速に一般に普及したインターネットの影響である。最後の10年間で、SNSが普及したことは、情報の拡散のあり方を革命的に変えてしまった。とはいっても、まだ、テレビとの合わせ技で政局に一定の影響力を及ぼし得る。

 平成最後の月である今月、はからずも筆者が関わるかたちで、政界を騒がすニュースが生まれた。筆者がレギュラー出演するインターネット番組「虎ノ門ニュース」(DHCテレビ)での、自民党の萩生田光一幹事長代行の発言に端を発する大騒ぎだ。

 これで安倍政権の足を引っ張ろうと新聞テレビは躍起になったが、世論はそのもくろみどおりに動いていない。というのも、多くの人がスマホで手軽に、萩生田発言の1次ソースを確認できるからだ。切り取りなどでの印象操作は通用しにくくなったのだ。

 新しい時代、メディアはどう形を変えるのか。そして政治との関係性はどうなるか。冷静に俯瞰しつつ、意義ある仕事をしていきたいと思う。

 ■有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす』(産経新聞出版)、『「小池劇場」の真実』(幻冬舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』(産経新聞出版)など多数。