朝日新聞デジタル記事
 

 「逃走論」40年後の世界 浅田彰さんは今なお「逃げろ」と訴える

     聞き手 編集委員・塩倉裕世


     2022年2月13日 19時00分朝日新聞デジタル記事


    
    浅田彰(あさだ・あきら)
   1957年生まれ。京都芸術大学教授。83年「構造と力」刊行。「逃げろ」と訴える「逃走論」が翌年話題に。
 「逃げろや逃げろ、どこまでも」――批評家・浅田彰さんの1984年の著書「逃走論」は、老若男女に逃走を呼びかける不思議な思想エッセー集として大ヒットした。あれから約40年。人々の逃走は成功したのだろうか。そして、逃げるという戦略は今も必要なのか。管理社会化やコロナ禍で「逃げ場のない感じ」も漂う今、浅田さんにじっくり聞いてみた。

 ――「逃走論」の刊行は80年代でしたね。思想書としては異例のベストセラーになった「構造と力」を発表した翌年の著作でした。なぜ、逃走を呼びかけたのですか。

 「70年代の思想課題をどうすれば清算できるか、を意識していました。具体的にはそれは全共闘世代の問題です。70年代は初めに連合赤軍事件が起きて、その後の左翼的な運動や思想は袋小路に入っていました。どうすれば革新的な思想をポジティブな方向に展開できるのか、を考えようとしたのです」


逃げ道絶った「革命家のアイデンティティー」

 「連合赤軍の関係者は、革命を目指しながらも仲間内での悲惨な殺し合いに陥っていきました。そこには気になる傾向があった。自らの逃げ道をあえて断つことで、『革命家としての自分のアイデンティティー』を確固たるものにしようとしていたのです」

 ――逃げ道を断つとは?

 「『革命家をやめて就職することも選択肢に残しておこう』と考える学生はダメなやつとされ、逃げずに『革命家としてのアイデンティティー』を純化させることが大事にされたのです。しかし僕には、それは戦略的に間違っていると思えました。陣地を捨てて逃げた方がいいのに、と」

 「異なる人々と接触し、それを通じて自分自身も変わっていくような生き方の方が絶対にいい。そう考えて僕は、同一性ではなく差異に注目しようと提案したのです。旧来的なアイデンティティーにこだわり、同じ考えの人たちと一緒にその道を突き止めようとするような生き方では、先がないと思いました」

 ――今の若者から見れば、80年代は経済的に豊かな明るい時代とも映りそうですが。

 「80年代は、近代の行き詰まりや多様性の大事さが強く意識され始めた時代でもありました。『みんなで一丸となって経済成長を追い求める』生き方への疑問が強まったり、『妻子の上に君臨する家長』みたいな固定的な性的役割を見直そうとする機運が広がったりしていたのです。あの本で僕は、みんなで好き勝手な方向に逃げて、性的マイノリティーの人々や人種的マイノリティーの人々など様々な『他者』とかかわり、新しい自分に出会おう、と提唱しました」

 「アイデンティティーのくびきから逃れ、別の何者かになる可能性に賭ける行為を、逃走と呼んだのです」

逃走できたのは1%のITエリートたち
 ――その「逃走論」から10年もたたないうちに世界では冷戦が終わり、グローバル化の時代が幕を開けました。人々は逃走に成功しましたか。

 「確かにその後、グローバルIT資本主義が全面化する時代が到来しました。全面化とは、資本主義が世界を覆うとともに、生活のすべての層に浸透してくる事態です」

 「逃走に成功したのは、グローバルIT資本主義のエリートたちでした。旧来の専門・職種という枠や特定の国家の枠に閉じこもるのではなく、抜け出したり新しい仕事を立ち上げたりすることによって活躍の道をつかんだ人々です」

 「ただし、それはわずか1%の人々でもあります。現実には、逃走の持つプラスの可能性にありつけなかった人たちが、膨大な数の多数派として存在しているのです。彼らはいわば『望まぬ逃走者』として貧困や不安定な生活を強いられたり、もっと悪くすると、定住すべき国家から追われて難民化していたりする。逃走を自ら選べたのは一握りのエリートだけで、多くの人々は本当は『定住』をしたいのに負の『遊牧』的生活を強いられているようにも見えます」

 「正直この展開の両極化ぶりは、『逃走論』を書いたときの僕の想定を超えるものでした」

 ――逃げるべきではなかったということでしょうか。

 「80年代に自分が逃走を呼びかけたことが間違っていたとは思いません。人は必ず何らかのイデオロギー状況の中で生きるしかないものであるし、旧左翼と新左翼の問題を清算せずに進んでも絶対にダメだったと思うからです」

 「『アイデンティティーへの固執をやめよう』というあのときの提唱自体の大事さは、むしろ当時より強まっているとも思います。現在の重要課題は、アイデンティティー政治の問題だからです」


アイデンティティーへの固執を解毒せよ

 ――浅田さんが重要視するアイデンティティー政治の問題とは、何ですか。

 「代表例はトランプ前米大統領の支持者たちです。『自分たちは米国の主役だ』と思ってきた白人男性たちが、グローバルIT資本主義のもとで落ちこぼれそうになり、アフリカ系の人々や女性などが活躍する社会状況に憎しみを抱いた。『白人であり男性である自分たちが威張れなくなったのはおかしい』と不満を持つ人々が、トランプを大統領に押し上げたのです。つまり、古いアイデンティティーに執着する人々の問題です」

 「解毒が必要でしょう。白人男性というアイデンティティーに執着するより、新しい場所で新しい仕事に就くための教育を受けたり、趣味を生かして別のつながりを見いだしたりする方がいい」

 「この点では日本も例外ではありません。韓国の台頭や女性の社会進出に負の感情を抱き、『日本人』や『男性』といったアイデンティティーに閉じこもろうとする人々が右派的な保守の台頭を支える状況は、日本にもあります」

 ――かつて左派の「アイデンティティーへの執着」を解毒しようと考えた浅田さんが、今度は右派の解毒を試みているように見えます。

 「アイデンティティーへの固執を解毒するための逃走は、今も必要なのでしょう」

 ――「逃走論」発表後のグローバルIT資本主義は、なぜ浅田さんの想定を超えた力を持ったのでしょう。

 「社会主義国であるソ連が袋小路に入っていることは当時すでに分かっていたので、その後にグローバル資本主義の時代が来たこと自体に驚きはしませんでした。ただ、インターネットがこれほどの速度で発達するとは、当時は想定していませんでした」

 「いつ破られるか分からないデジタル暗号システムに、金融情報も国家機密もすべて乗っけてしまっている。こんな危ない橋を渡るほどの猛進ぶりでIT化が進むとは思いませんでした。グローバル資本主義をグローバルなインターネットが支える、その融合ぶりが、予測できなかった現実を作り出しました」

 「先ほど言ったアイデンティティー政治の問題にしても、インターネットという強力な拡声装置ができたことによって人々の声が社会に反響しやすくなり、問題を深刻化させた面はあります」


逃走は「漏れる」 水たまりから新たな生態系も

 ――アイデンティティー政治が今、主に右派的・保守的な人々の問題として現れているとしたら、それはなぜでしょう。

 「再分配と承認という問題系があると見ています」

 「再分配とは、お金持ちや大企業から多く税金を取って貧しい人々に回すことです。ただ再分配の大事さを強調する政治勢力は、新自由主義の台頭するサッチャー・レーガン以降の世界では押される一方でした。そうした中で革新勢力は、再分配ではなく承認の問題に力を注ぐようになります。マイノリティーでも主役になれる社会、少数派のアイデンティティーが大事にされる社会を作ること。つまり、社会的な承認の問題に軸足を移したのです。米国でのオバマ大統領の誕生は、革新勢力によるアイデンティティー政治が成功した事例です」

 「承認の問題を大事に考えること自体には意味があったと思います。ただ、いま世界が直面しているのは、そうした革新勢力の取り組みが裏目に出た事態です。右派的で保守的なアイデンティティー政治が台頭したことです」

 「先ほど言った『米国の主役であるはずの白人男性であるオレが威張れず、少数派の連中が威張っている事態は許せない』と憤る人々がその典型です。マイノリティーではない、カギカッコつきの『普通の人々』が、強烈なアイデンティティー政治を始めたのです。そこには『白人である』『男性である』というアイデンティティーへの固執があり解毒が必要ですが、洗脳を解く作業に近い難しさもあって簡単ではありません」

 ――国家の持つ再分配機能に頼ろうとすることと、旧来的なアイデンティティーから逃走しようとすることは、両立するのでしょうか。

 「そこは僕は段階論的に見ていますし、両立は可能だと思っています。とりあえず今は国家というものがあり、現実的にはその存在を無視はできません。ならば、まずはそれを使って、行きすぎた格差拡大を抑える。または国家同士をグローバルに連携させて、多国籍企業にまともな税金を払わせる。そのようにして、国家を使って資本主義をある程度コントロールすることは、中期的にはやはり必要だと思います。もちろん、それがすべてを解決するとは思いませんが」

 「国民国家(ネーション・ステート)には確かに、ステートという統治体制の正統性を裏付けるためにネーションという『国民共同体の神話』が貼り付いている構造があります。ただ他方では多文化主義が広まったことによって、世界は『沖縄の文化』や『手話の人々の文化』といった数多くのマイノリティーの文化が併存する場所であり、大ぐくりな『日本の文化』なるものはもはや存在しないという考えも共有されつつあります。グローバルIT資本主義の進行は、韓国のBTSのような『東洋のグループが世界的スターになる』現実も生みだしました。旧来的なアイデンティティーは相対化されつつもあるのです」

 ――「逃走する」という行為に、まだ可能性を感じているのですね。

 「フランス語の『逃走する』には『漏れる』という意味も含まれています。どんなに厳密に見えるシステムがあったとしても、実際にはそこからどんどん漏れていくものがある。漏れた先には水たまりができ、そこに新しい生態系が出来ることもあるのです」

(聞き手 編集委員・塩倉裕)