(みちのものがたり)

「流転の王妃」愛新覚羅浩の道 東京都
 沿道の祝福、生涯の支えに

(文・佐藤陽 写真・外山俊樹)

    2019年9月7日03時30分 朝日新聞

 全国民が注目する国際結婚だった。1937(昭和12)年4月3日、「満州国」皇帝愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)の弟溥傑(ふけつ)(当時29)と、嵯峨侯爵(さがこうしゃく)家の長女浩(ひろ)(同23)の結婚式が、盛大に行われた。媒酌人は元関東軍司令官の本庄繁が務めた。

 その日、浩は祖父宅である東京都杉並区の嵯峨公勝邸(現杉並区立郷土博物館)から、式場の軍人会館(後の九段会館)まで車で向かった。同博物館の元職員久保田恵政(しげまさ)さん(90)は「嵯峨邸前から今の方南通り、環七通り、青梅街道の途中までは、沿道にびっしり小学生らが並び、日満の国旗を振って祝福したようです」と話す。

 久保田さんの姉(93)は、黒塗りの自動車の列を記憶していた。「車の中には王朝装束に『おすべらかし』の、あでやかな浩さんのお姿があった」と話したという。

 車で「パレード」の道を走ってみた。方南通りの両脇には、マンションなどが立ち並ぶ。35分ほどで皇居に近い九段会館(建て替え工事中)に着いた。人々の祝福を受けながら、浩の胸には様々な思いが去来しただろう。

 浩は、自伝『流転の王妃の昭和史』で、こうつづっている。「沿道の風景だけははっきりと瞼(まぶた)に焼きつき、終生私への無言の励ましとなってくれたのでした」

     *

 絵画や書を好む快活な女性だった。運命が大きく変わったのが、22歳のころ。元々満州は、関東軍が清朝最後の皇帝だった溥儀を、名ばかりの皇帝に据えた「傀儡(かいらい)国家」だった。関東軍は満州でのプレゼンスを高めようと、溥傑と皇族に近い女性を結婚させようと画策し始めた。浩の祖母は、明治天皇の生母のめいだ。

 溥傑は、日本の陸軍士官学校を卒業、千葉市の陸軍歩兵学校で学んでいた。本庄が溥傑に、お見合い写真を十数枚見せたところ、浩を選んだという。本庄は36年11月、浩の父、実勝の邸宅を訪問。「溥傑の后(きさき)への内定」を伝えた。

 突然の知らせに嵯峨家は大騒ぎになった。だが軍部が力をもつ当時、この縁談を断るのは難しい。浩も、覚悟を固めていった。ただ揺れる心を通っていた画塾の親友には打ち明けている。「本当ハもつともつと平凡な結婚がしたうございました」

 「政略結婚」ではあったが、溥傑に何度か会い、その優しさにふれるにつれ、徐々に信頼を寄せていった。

 新婚時代の半年間を過ごしたのは、千葉市の稲毛海岸だった。今は埋め立てられているが、目の前が海だった。

 「母は生前、『稲毛ではハマグリやアサリを拾って、おつゆにした』と話していました。とても楽しかったようですよ」と、次女の福永こ生(こせい)さん(79)が教えてくれた。

 溥傑もこの地について、「思い出すとつい我を忘れてしまうほど幸せだった」と詩にうたっている。

 互いに尊敬し合い、愛を育んだ穏やかな日常。2人はまだ、この後に訪れる過酷な運命を知るよしもなかった。

 ■過酷な運命…貫いた夫婦愛

 37年10月、浩と溥傑は満州の首都として名づけられた新京(現長春)で暮らし始めた。間もなく長女慧生(えいせい)が誕生。次女こ生さんも授かった。関東軍の溥傑への対応は良くなかったが、家庭は幸せだった。家族で日本に戻ったときに就学した慧生は、浩の実家に預け、44年末に3人で新京に帰った。

 45年8月10日未明、新京の街にサイレンが鳴り響いた。ソ連軍の満州侵攻だった。

 その日のうちに関東軍は新京撤退を決めた。交流があった元関東軍幹部の妻から電話があった。「私、今すぐ飛行機で東京に出発しますが、ご一緒にいかがですか?」

 浩はその瞬間、あの「沿道の旗の波」が目に浮かんだ。「満州の土」になると心に誓ったのは母国のためだったが、日本が敗れても「絶対に守りたい人たち」が今、目の前にいる。「私、こちらに残りますから、ご心配なく」

 愛新覚羅家の一行は、満州・大栗子で終戦を迎える。溥傑と溥儀は、一足先に空路で日本に発つことになったが、当時の奉天(現瀋陽)でソ連軍が拘束。ソ連の強制収容所に抑留された後、中国の戦犯管理所に収監された。

 一方の浩も当時5歳のこ生さんとともに、一時は八路軍(中国共産党軍)の監視下に置かれるなど、約1年半の流転の日々を余儀なくされる。大栗子から通化、吉林、延吉、ハルビン、北京……10カ所以上の留置場や刑務所などを転々とした。

 通化では、蜂起した元日本兵らを共産党軍が鎮圧した「通化事件」に巻き込まれた。身を潜めていた建物が砲撃され、近くにいた溥儀の乳母の右手首が吹き飛び、やがて絶命。手首のない腕で顔をさすったためか、顔が鮮血で真っ赤だったという。

 そんな極限状況でも、浩は、重度のアヘン中毒になっていた溥儀の妻、婉容(えんよう)の面倒をみつづけた。「普段はおっとりしている母ですが、いざというときは芯の強い人でした」とこ生さん。上海の軟禁先から元日本軍将校に救出され、最後の引き揚げ船に乗船。47年1月、長崎県の佐世保港に命からがら到着した。

     *

 浩は、横浜市の実家に身を寄せた。貧しかったが、ようやく母娘3人での穏やかな暮らしが始まった。夫溥傑のことは1日たりとも忘れなかった。日本に戻り8年弱がたったころ、突然日本赤十字社経由で、管理所にいた溥傑から手紙が届く。

 その陰には、長女慧生の働きかけがあった。中国の周恩来首相に、父との文通を求める手紙を中国語で書いていたのだ。

 しかし57年12月、慧生が突然、19歳でこの世を去る。「あまりのショックで母は腰が抜けて、しばらく歩けなかった」とこ生さんは語る。

 約3年後、ようやく光がさす。特赦で溥傑は釈放され、61年5月、家族3人は16年ぶりに広州で再会を果たした。このとき浩は、慧生の遺骨を抱えていた。溥傑への第一声は「申し訳ございません……」。溥傑は涙をため、何度もうなずいた。

 こ生さんは日本国籍を取得し結婚。浩と溥傑は北京で生き抜いた。晩年の夫婦を支えたのが浩の弟、公元(きんもと)だった。「父は100回以上中国を訪問し、物心両面で浩を支えた」と嵯峨家当主、実允(さねのぶ)さん(56)は話す。72年には家族にとって念願の日中国交正常化がなされた。

 腎臓を悪くした浩は87年、73歳で波乱の生涯を閉じる。兵庫県西宮市に住むこ生さんは、今でも浩が亡くなったときの溥傑の姿が目に焼きついている。「母の名前を呼び、遺体に取りすがって泣き続けました。とても苦労の多い人生でしたが、『あー、母はこんなに愛されて、幸せだったんだなあ』と思いました」

 夫妻を生前何度か取材した元日本テレビプロデューサー渡辺みどりさん(85)は、こう振り返る。「溥傑さんは、いつも『浩さん』と優しく呼びかけていました。年を重ねても腕を組んで、恋人同士のようでした」

 想像を絶する数々の試練を乗り越え、夫婦愛を深めていった浩と溥傑。「真の愛とは何か」を教えてくれている。

 (文・佐藤陽 写真・外山俊樹)

 ■今回の道

 愛新覚羅溥傑(1907~94)と浩(1914~87)の結婚式当日、浩は東京都杉並区の嵯峨邸から、溥傑の待つ軍人会館へ向かった。浩は東京・上大崎の母方の実家で過ごすことが多かったが、父方の祖父である嵯峨公勝が希望したためだという。(写真は溥傑が見た浩の見合い写真。1936年ごろ撮影。関西学院大学博物館提供)

浩の見合い写真

 嵯峨邸の跡地には、後に杉並区立郷土博物館が建てられた。この縁から同館は90年、企画展「愛新覚羅浩展 ―ラストエンペラーの実弟に嫁いだ日本人女性の昭和史―」を開催。当時職員だった久保田恵政さんが「結婚パレード」について沿道の小学校などを調査した。各校校長などの指示で、嵯峨邸そばの大宮小は全学年、ほかの近隣小学校は主に5、6年生が「動員」されたことがわかったという。式場近くの九段小の児童も沿道に立った。

 通ったルートは、青梅街道で新宿駅付近まで行った後は、新宿通りと靖国通りのどちらを通ったかは、はっきりしないという。(地図は、90年の「愛新覚羅浩展」の図録に基づいた)


 ■見る

 新婚時代を過ごした稲毛海岸の家は今、「千葉市ゆかりの家・いなげ」(043・244・5370)として一般公開されている。主屋と離れ、庭が残されており、溥傑の書や夫妻の写真などが飾られている。無料。午前9時~午後4時半。月曜・祝日休館。(写真は稲毛での溥傑と浩。関西学院大学博物館提供)

愛新覚羅溥傑、浩夫妻が新婚時代を過ごした家は保存、公開されている=千葉市稲毛区

当時の2人の写真が玄関に飾られていた=千葉市稲毛区

稲毛での溥傑と浩

 山口県下関市には、浩の曽祖父である中山忠光を祭神とする中山神社(083・253・0704)があり、境内の愛新覚羅社=写真=には溥傑と浩、慧生がまつられている。日中友好を願い、中国大陸に向かって立つ。浩が詠んだ「ふた国の 永久(とわ)のむすびの かすがいに なりてはてたき 我がいのちかな」の歌碑がある。宝物殿には、結婚式で浩が着た婚礼装束一式などが展示されている。

愛新覚羅社

 「ゆかりの家」や同神社などには「日中友好のアサガオ」が植えられている。浩が61年に中国に赴くとき種を持参、北京の自宅で育て、こ生さんが持ち帰った。人づてに種が配られ全国に広がる。

 浩の流転の生涯は映画化もされた。2003年のテレビ朝日の大型ドラマ「流転の王妃・最後の皇弟」はDVD化された。

 ■読む

 溥傑と浩に関する書籍は、これまで多数出版されてきた。

 浩の自伝『流転の王妃の昭和史』(中央公論新社など)は、59年に刊行された『流転の王妃』に加筆、修正した。中国各地を命の危険におびえながら転々とした時や長女慧生の死を知らされた時の描写が胸を打つ。

 溥傑も『溥傑自伝』(河出書房新社)で、生い立ちから日中友好に尽くすまでをつづる。

 次女の福永こ生さん=写真=の『流転の王妃 愛新覚羅溥傑・浩 愛の書簡』(文芸春秋)には、父母の熱烈な手紙のやりとりなどが紹介されている。

福永こ生さん

 ■読者へのおみやげ

 杉並区立郷土博物館で昨年開かれた「愛新覚羅浩展」の図録を10人に。住所・氏名・年齢・「7日」を明記し、〒119・0378 晴海郵便局留め 朝日新聞be「みち」係へ。12日の消印まで有効です。