経済観測

   世界一の野心体現 北京に新巨大空港  

    毎日新聞2019年11月1日 東京朝刊


北京大興国際空港のターミナルビルは曲線を多用し、広大だ=北京市内で


ターミナルビルは7層構造。地下には高速鉄道などが乗り入れる


9月末に開業した北京大興国際空港=中国国営新華社通信提供


9月25日、中国の北京市郊外に世界最大規模の巨大空港「北京大興国際空港」が開業した。鉄道など付帯設備も含めた総事業費は約4500億元(約6・8兆円)。習近平国家主席は「国家発展の新たな原動力」と強い期待をかける。オープンしたばかりの新空港には、米国をしのぐ「強国」を目指す中国の野心が詰まっている。【北京・赤間清広】


 大興国際空港は北京市中心部に位置する天安門広場から南に約46キロの位置にある。滑走路4本のほか、開業に合わせて高速鉄道やアクセス鉄道、高速道路なども整備された。アクセス鉄道の北の起点・地下鉄10号線「草橋駅」から空港に向かった。

 アクセス鉄道の所要時間は20分ほど。空港に近づき、車窓から周囲を見渡すと畑が点在する農村地帯が広がっていた。中国政府はこの広大な土地を再開発し、産業団地などを備えた経済の拠点とする計画だ。空港の隣接地ではオフィスビルなどの建設も急ピッチで進み、空港を中心に新しい街が生まれようとしていた。



広さ成田三つ分

 空港の顔とも言えるメインターミナルは地上5階、地下2階。総面積は140万平方メートルで、成田空港の三つのターミナルを合わせた面積(約92万平方メートル)を大きく上回る。

 まず目を引くのが、その斬新なデザインだ。設計したのはイラク出身の故ザハ・ハディド氏。日本の新国立競技場の旧設計で話題になった名建築家だ。「曲線の女王」と呼ばれたザハ氏だけに、ターミナルは曲線を多用し、機能性にも配慮している。

 上空から見たターミナルは「米」の字に似た形をしている。その中心部分にターミナルビルを置き、ビル中心部から各搭乗口までの距離を600メートル以内に抑えた。「ターミナルが大きすぎて、なかなか搭乗口に着かない」という最近の新空港にありがちな問題を解消している。

 チェックインエリアには約400台の自動チェックイン機が置かれ、手荷物の預け入れなど多くも自動化、機械化されている。中国国営新華社通信によると「利用者は数分以内にあらゆる手続きを完了できる」という。

 ただ、開業当初は国内航空会社しか乗り入れておらず、就航本数も少ない。ターミナルビルは大勢の人でごった返してはいるが、スーツケースを手にしている人はまれで、大半が見物に訪れた観光客とみられる。チェックインカウンターも大半が閉鎖されたままだった。計画では今年の冬から来春にかけ国内線101路線、国際線15路線が就航予定。巨大空港が真価を発揮するのはこれからのようだ。


ハブ機能を強化

 さて、習指導部が巨費を投じてこの新空港を建設したのはなぜか。一つには国内航空需要の急増に伴う「空の交通ラッシュ」の深刻化がある。現在の北京の主力空港は市中心部から北東に約25キロ離れた首都国際空港。北京を訪れた日本人観光客が降り立つのもこの空港だ。これまで3度にわたって拡張され、利用者は昨年、初めて年間1億人を超えた。しかし、中国を代表する拠点空港の一つだけに、ピーク時には1分に1本の航空機が離着陸するほどの混雑ぶりで、飛行機の遅延は日常茶飯事。現在、約400便が新たな乗り入れを希望しているが、受け入れる余裕がないのが実情だ。

 新空港には既に国内外の航空会社66社が乗り入れの意向を示しており、2025年には年間利用者7200万人、将来的には首都国際空港に匹敵する1億人超を想定している。市内にある二つの巨大国際空港を連携させることで北京のハブ機能を大幅に強化し、世界とつながるアジアの航空ネットワークの中枢を北京が担う戦略だ。


広域経済圏の真ん中に

 北京市中心部から新空港までの距離は、首都国際空港と比べ2倍近い。一見、不便な位置にも感じるが、この配置にも重要な意味がある。

 習指導部は現在、北京から南西に約100キロ離れた河北省内に「雄安新区」と名づけた新都市の建設をゼロから進めている。当時の最高指導者、鄧小平氏が1980年代に手がけた深?や、江沢民元総書記が90年代に開発を主導した上海浦東地区に続く中国経済躍進の起爆剤と位置づける最重要の国家プロジェクトだ。

 新空港は北京市中心部と雄安新区のちょうど中間にあり、それぞれが高速鉄道で結ばれている。北京の南東約100キロの位置にある臨海都市・天津市を含めた巨大経済圏構想の中心地に空港を置くことで人やモノの流れを活性化する狙いだ。

 「いかなる勢力も中国人民と中華民族の前進を阻むことはできない」。新空港の開業を見届けた習主席はその約1週間後の10月1日、天安門広場で開かれた中国建国70周年を祝う式典でこう強調した。その上空を、新空港から離陸した中国空軍機の編隊が飛び去っていった。新空港は習氏の期待通り、中国を圧倒的な「強国」に飛躍させることができるだろうか。