私が思う日本



   アフガン退避失敗
   バングラデシュ人記者が思う「日本に足りぬ覚悟」

   モンズルル・ハック東京支局長 プロトム・アロ紙(バングラデシュ)


           毎日新聞 2021/9/19 09:00(最終更新 9/19 16:15)

 東京に駐在する外国メディア特派員の目に、私たちの社会はどう映っているのだろうか。韓国、フランス、米国、バングラデシュ、シンガポールの個性豊かな記者たちがつづるコラム「私が思う日本」。第22回を執筆したのは、プロトム・アロ紙(バングラデシュ)のモンズルル・ハック東京支局長。イスラム主義組織タリバンが政権を掌握したアフガニスタンからの退避について考える。

     
     プロトム・アロ紙(バングラデシュ)のモンズルル・ハック東京支局長。


 アフガニスタンという国は、私たちが考える「普通」とはかけ離れた場所だ。高く険しい山脈に囲まれたこの国では、その美しい渓谷からは想像もつかないような厳しい現実に日々直面する人々がいる。


 アフガンは世界で最も貧しい国の一つだが、貧しさは必ずしも幸福の度合いを決めるわけではない。その証拠に、ヒマラヤ山脈の小国、ブータンは名目国内総生産(GDP)が低いレベルにあるにもかかわらず、「世界一幸せな国」を自任している。

 しかし、アフガンの場合は、貧しさがこの不運な国の人々の不幸を倍増させる要因になっている。最近の報道によると、イスラム主義組織タリバンが政権を掌握した8月中旬以降、アフガンでは深刻な食糧不足が広がりつつある。30年以上にわたって出口の見えない政情不安を経験してきたアフガンの人々の行く末に、世界中が懸念を深めている。


 タリバンによる政権掌握から1カ月余りが過ぎ、アフガンが世界のニュースをにぎわせることは少なくなってきた。そんな中、いまだに答えが見つからない問題といえば、「取り残されたアフガン人」がどうなるのかということだ。外国の駐留部隊や政府機関などの雇用主に置き去りにされ、タリバンに従うしかないアフガン人協力者はどうなるのか。これは日本とも密接に関わる問題だ。日本政府はタリバンの侵攻を受け、長年にわたって日本のさまざまな機関と手を携えて働いてきたアフガン人協力者を残して首都カブールを早々に後にした。退避を希望するアフガン人職員の数は、家族も含めると約500人に上る。


 他の国々とは異なり、日本政府が支援して出国できた現地職員はまだいない。カブールをはじめとするアフガン各地に残され、自分の身は自分の手で守るように告げられた人々がどんなに恐ろしい日々を過ごしているのか。私たちには想像することしかできない。


 アフガン戦争で、日本は戦闘をしていない。しかし、日本が支援国としてアフガンで存在感を示してきたのは、アフガンの人々を苦境から救うためだけでなく、同盟国である米国や北大西洋条約機構(NATO)と行動をともにするためでもあった。また日本は、「テロリスト」とされる勢力と戦う同盟国の艦船を支援するため、インド洋で燃料補給を担ってきた。タリバンがこれを知らないはずはなく、過去に日本のために働いてきたアフガン人は裏切り者と見なされる恐れがある。

 アフガン人協力者たちは非常に危うい立場に置かれ、迫害や不当な扱いを受けかねない。西側諸国が協力者たちを敵の毒牙から守るために退避作戦に全力を注いだのは、まさにそのためだろう。韓国も政府の活動を支援してきた現地職員や家族約400人を空路で退避させた。その一方で、日本政府関係者は、日本大使館や国際協力機構(JICA)で働く現地従業員を尻目にカブールから立ち去った。日本政府は現地職員らの退避のために自衛隊機3機を派遣したが、退避計画は間に合わず、日本のために働いてきたアフガン人を一人も救出できないという惨めな結果に終わった。


 残された人々は、自力で国境を越えて隣国へたどり着くことができれば、退避に向けて日本政府の支援を受けられる可能性がある。しかし、国境管理所の多くはタリバンに閉鎖され、国境に向かうことは多くの人々にとって身の危険につながる。彼らを待ち受ける運命が非情なものではないことを祈るばかりだ。

 多くの日本人を悩ませる不可解な問題は、なぜ日本がアフガン人協力者をタリバンのもとに置き去りにせざるを得なかったのかということだ。日本は第二次世界大戦中、リトアニアに駐在する外交官だった杉原千畝が厳しいナチス・ドイツの統制をかいくぐり、ユダヤ難民に「命のビザ」を発給したことで知られる。そんな日本がなぜ、タリバンの手からアフガン人協力者を救うことができなかったのだろうか。

 日本はこれまで多くの開発途上国を支援し、紛争地の平和維持活動にも貢献してきた実績があり、他者の苦しみを理解して救いの手を差し伸べる国だと見られてきた。しかし、今回の出来事は日本のこうしたイメージをひどく傷つけた。ある国を人道的に支援するということは、その国に何が起きたとしても、協力してくれた現地の人々の安全に責任を持つということだ。多くのアフガン人協力者たちが取り残された事実は、それぞれの支援国に、その覚悟を問い直している。


 この文章を書き進めているところで、日本政府の退避支援対象だったアフガン人10人が自力でパキスタンに出国し、日本を目指しているというニュースが入ってきた。12日夜にはうち4人が成田空港に到着した。アフガンに残された他の人々も、彼らのような幸運をつかめることを願ってやまない。【訳・川上珠実】

モンズルル・ハック(Monzurul Huq)
プロトム・アロ紙のモンズルル・ハック東京支局長=東京都千代田区で2021年2月22日、西夏生撮影
 1952年年、バングラデシュの首都ダッカ生まれ。モスクワ国立大大学院修士(ジャーナリズム)、ロンドン大東洋アフリカ研究学院修士(日本学)。ダッカの国連広報センターや英公共放送BBCでの勤務などを経て、94年に来日した。98年からバングラデシュ大手紙プロトム・アロ東京支局長。2009年から10年まで日本外国特派員協会会長。