文化の森 Bunka no mori

     今よみがえる森鴎外
     (新たな解釈に惹かれ 映像化された名作たち)

     作家・遠田潤子


    毎日新聞2021年1月10日 東京朝刊


 映像化された鴎外作品は多い。「雁」「舞姫」などがあるが、最も有名なのは、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した溝口健二監督の「山椒大夫」だろう。

 許されぬ殉死を巡る悲劇を描いた「阿部一族」も何度か映像化されている。監督によって原作の切り取り方が違って、比較しながら観ると非常に面白い。

 一九三八年公開、熊谷久虎監督の映画は「昼寝を終えて腹を切りに行く男」のエピソードからはじまる。ここは原作でも非常に印象的な部分だ。釣り忍につけた風鈴がかすかに鳴り、手水鉢の柄杓にはやんまが止まっている。そんな穏やかな日、妻が昼寝をしている夫を起こす。目覚めた男は「ひどく気分が好うなった」と言い、「心静かに支度をして」、「腹を切りに往った」のだ。

 映画ではここをさらに膨らませて描く。男は目覚めた後、軒に吊した風鈴に息を吹きかけて鳴らし、笑ってみせる。無邪気に見せかけて、残された母と妻を思いやるのだ。

    

熊谷久虎監督の映画「阿部一族」より、鷹狩りの場面。大勢の勢子が山を駆け上がり、獲物を追う=写真協力:公財法人川喜多記念映画文化財団

 また、原作にない鷹狩りの場面が追加されている。大勢の勢子が声を上げながら獲物を追って山を駆け上がる、大がかりな撮影だ。そこで、狩り装束の藩主は阿部一族が屋敷に立てこもった、という報を聞く。藩主の返事はただ一言、「よきにはからえ」だ。この無責任な言葉で阿部一族の運命は決する。

 なぜ、大勢のエキストラを使ってまで原作にはない場面を強調したのか? 一九三八年は国家総動員法が出た年で、日本は絶望的な戦争へと突き進もうとしていた。この「よきにはからえ」という台詞は、誰も責任を取らない権力に流されていく恐怖を示すものとも受け取れる。映画人のせめてもの抵抗ではないか、と思うのだ。

 この映画は焼け落ちた阿部の屋敷に佇む女の姿で終わっている。物語のはじまりが夫を起こす妻であったのと対になっているのだ。

 次に、一九九三年に深作欣二監督が撮ったテレビドラマがある。深作監督は「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」で知られ、この作品でもアクの強い演出がされている。藩主と大目付の林外記は白塗りで、わかりやすい悪役だ。

 冒頭、亡くなった藩主が荼毘に付される場面で、藩主の可愛がっていた鷹の殉死が描かれる。原作では鷹は井戸に飛び込んで死ぬ。「鏡のように光っている水面は、もう元の通りに平らになっていた」と静かな描写だ。この入水という方法は「山椒大夫」の安寿を思い出させる。鴎外は「沼の端で」「小さい藁履を一足拾った」「それは安寿の履であった」とだけ書く。やはり静かである。

 一方、深作版の演出は正反対だ。鷹は水ではなく、自ら荼毘の炎の中に飛び込んでいく。そして、みなが慌てふためく様子がスローモーションで強調されるのだ。一九三八年版では鷹のエピソードは台詞として語られるのみで、実際の描写はない。一方、深作版では昼寝を終えて腹を切りに行く男は描かれない。

 エピソードの取捨選択という点で二本は対照的だが、共通点もある。原作にはない「子供」の描写だ。一九三八年版では庭で遊ぶ子供の無邪気な歓声が、物語が進むに従って不快なものへと変容していく。深作版では全滅した屋敷に転がる子供の死体が、血まみれの玩具と共に映される。容赦ないシーンだ。

 原作はこう締めくくる。阿部の次男弥五兵衛の胸を槍で突いた又七郎は、その見事さで大いに面目を施した、と。だが、又七郎が晴れ晴れとするはずがないことを知っているので、読者は複雑な心境になる。その点、深作版のラストでは又七郎が藩主に痛烈な言葉を返し、この映画の見所の一つになっている。観客はカタルシスを味わうことができ、胸がすっとするのだ。

 だが、原作の持つもやもやした部分が鴎外らしさでもある。「山椒大夫」でも同じだ。山椒大夫は奴卑を解放し、いよいよ富み栄えた、と鴎外は書く。書かずともよい、少々胸くその悪い後日譚を付け加えずにはいられなかったところに、自分は惹かれてしまうのだ。(とおだ・じゅんこ)

 ◆作品解説

「阿部一族」
 「阿部一族」は1913(大正2)年1月1日発行雑誌『中央公論』に掲載された短編の歴史小説。1641(寛永18)年、肥後の藩主、細川忠利が56歳で病死する。殉死を許された18人の家臣が後を追うが、家臣の阿部弥一右衛門は殉死が許されず、新しい主君に仕える。だが、周囲の批判が強まり無許可で切腹。弥一右衛門の遺族は冷遇される。嫡子の権兵衛が忠利の一周忌で自らの髻を切り、仏前に供える。言動を不快に思った主君が権兵衛を縛り首にしたため、阿部一族は屋敷に籠城し討手と戦うが、全滅する。

 鴎外が参考にした資料「阿部茶事談」自体が脚色された可能性があり、本作は史実とはかけ離れているとされている。【須藤唯哉】


 ■鴎外邸の「観潮楼」跡地に建つ文京区立森?外記念館

 鴎外が半生を過ごした「観潮楼」は戦災等で焼失し、現在は同記念館が建てられている。名誉館長は作家で医師の加賀乙彦さん。鴎外の自筆原稿や書簡など約3000点の遺品資料を収蔵。三男類や文京区ゆかりの文学者の資料も収蔵する。通常展の観覧料は一般300円、中学生以下無料。住所は東京都文京区千駄木1の23の4。休館日など詳細は同記念館(03・3824・5511)。

 協力・文京区立森?外記念館