インタビューシリーズ「国葬を考える」第8回


   安倍元首相が象徴する「自民党を弔う葬儀」

   作家・赤坂真理氏    


    朝日新聞 2022年9月22日 18時00分


   
 国葬の日が近づいている。安倍晋三元首相を悼む儀式だが、作家の赤坂真理氏は「安倍氏の死そのものが遠くなっている」と指摘する。「安倍氏不在」のような状態で迎える国葬は、誰のためのものなのか。話を聞いた。

安倍晋三元首相の国葬をめぐり、世論の賛否が割れています。首相経験者としては1967年の吉田茂氏以来戦後2例目となる今回の国葬をどう考えたらいいのでしょうか。様々な角度から有識者らに聞きました。



 ――岸田文雄首相は国葬を早々に決めました。どのように感じましたか。

 「一国の元首相が、殺され、しかも銃で撃たれるという、尋常でない亡くなり方をしました。そこで岸田首相はとっさに『民主主義の敵による暴力によって倒れた偉大な国民的政治家』を演出しようとしたのではないかと思います。『偉大な政治家が自民党にいた』ように『見せる』ための国葬。それが最初のアイデアではないか、と」


「安倍政治」の本質、岸田首相も
 「何もうまくいっていないのにうまくいっているように『見せる』ことは安倍元首相の言動の本質だったと私は感じています。オリンピック誘致のスピーチで原発事故の汚染水問題について『the situation is under control(状況は制御できている)』と言ったのは象徴的です」

 「大丈夫と見せかけて、誰が望んでいるかもわからない自由化路線をひた走り、個人的な思想で学術や教育に介入し、個人の権限で多くを動かしたり止めたりし、実は事態を何も収められていない。それが『安倍政治』でした。その態度を、岸田首相も無言のうちに引き継いでいる感じがしました」


銃撃事件が暴露した自民党の空虚さ
 ――しかし、今回は「見せる」ことに失敗しているのではないでしょうか。

 「それだけでなく、自民党の『中身のなさ』が明らかになりつつあります。本当は既に終わっているのに、終わっていないように見せかけてきた自民党の実態を、銃撃事件が暴露した。空虚さが白日の下にさらされたのです」

 ――空虚とはどういうことですか?

 「元々理念が何もない党だということです。米国の要請で日本を『反共のとりで』とし、米国の言うことをなんでも聞く。それを自発意思でやっているように国民に見せかけてきた政党ですが、今となっては共産主義は『資本主義に敗れた陣営』としか人々は思いませんし、『共産主義への恐怖』にもピンと来ない」

 「私もかつて、尊敬する編集者から『20世紀とは詰まるところロシア革命が駆動した時代だったのです』と言われたことがありますが、頭では分かっても、体感的にはやはり分かっていません」

 「20世紀には、この世界を改革したり、打ち破ったりできる唯一の考えであるように見えた共産主義への恐怖を、祖父・岸信介から肌身で感じ取っていたのが、安倍氏でもあります」


よじれていた「保守」や「愛国」
 ――「共産主義への恐怖」が薄れ、自民党の存在基盤が揺らいでいるということでしょうか?

 「反共の旗印のもとに数だけはそれなりに集めてきた。しかし、ソ連崩壊で既に存在意義をなくして浮遊し始めた政党だと言えます。自民党が掲げる『保守』や『愛国』も、最初からよじれていました。もし本当の保守であったなら、市場自由化と改革に血道を上げるはずがありません。愛国であったなら、外国の軍隊が駐留することに賛成しません。むろん、日本を従属的な地位に置く旧統一教会と手を組みません」

 ――今は安倍氏が撃たれた事件そのものではなく、旧統一教会ばかりが注目されています。

 「どこか懐かしい名前をまた不意に聞いた気がしました。オウム真理教と同じ頃に問題になった新興宗教です。ただ、宗教は本来、時と空間を超えていこうとするものです。その意味で、あの宗教まだあったのか、などと思うのは、私もまた宗教に対して考えが甘かったのです」


高度経済成長と新興宗教は社会の表裏
 「新興宗教やカルトはいつの時代もどこにでも、生まれるべくして生まれるものでしょう。例えば戦争という巨大な殺戮や喪失があった後、出家の欲求を持つ人はとても多かったはずです。しかし日本社会に出家回路はなく、新興宗教が受け皿となった側面もあると思います」

 「人々には罪悪感や虚無感があり、また敗戦国が『主権を失う』ということで生じた巨大な空白や行き場のないエネルギーは、何かが受け皿になる必要があったのです」

 「このエネルギーは、一方では高度経済成長へと向かい、のちに崩壊するバブル経済にまでなったと私は考えています。高度経済成長はいいことのようですが、国土の乱開発や行き過ぎた経済至上主義など、『狂っている』側面がありました。高度経済成長と新興宗教は、社会の表裏だったように、私は感じています」

 ――「カルトはおかしい」だけではない、ということですか。

 「それが出てくる理由はあるし、必要とした人たちもいる、と考えてみる必要がある。それなしに、カルトはおかしい、と言うだけでは、カルトの本質さえ見えなくなります。元々は、自分の中の空虚さを埋めるため、今よりもよい状態になりたいがために、後にカルトと呼ばれるものにさえ救いを求めたはずです。決して破滅するためではありません」

 「これは何に救いを求める場合でもそうだと思います。アルコールに救いを求める人も、パチンコに救いを求める人もいる。私は、カルトとはアディクション(依存症)の一つだと思っています。やめにくさも含めて、アディクションだと」

 「さまざまなアディクションの中でも、宗教は物語であり、世界観を持っていることが特徴です。その物語は、たとえ宗教団体がなくなっても、教祖がいなくなっても、個人の心の中で続く。そこが強力なのです」

 「以前、オウムの脱会者の方と何度も話したことがありますが、脱会した後でも『教えを捨てたら地獄に落ちる』という恐怖から抜けることがとても難しかった。そういう宗教の存在が、またふっと歴史に顔を出す。そんな瞬間に、私たちは驚いたのだと感じます」


政治より強い「宗教の物語」の動かす力
 ――旧統一教会を政治が利用していたことも明らかになりました。

 「自民党が、中身を伴わない『反共』や『愛国』の空虚な政党だからこそ、組織力さえあれば続けられたのでしょう。人を集め、動かす力は、政治より国家より宗教の物語の方が強い。だから、政治にとって宗教が有用だった。しかし、利用できると思ったら甘かったことが、今回の事件で明らかになったのではないでしょうか」

 ――旧統一教会との関係は、国葬をめぐる世論の分断も生んでいます。

 「この国葬は大きな負債を残し、もしかしたら岸田政権の命取りとなるかもしれません。安倍氏の葬儀のはずなのに、安倍氏の『死』というものは遠くに忘れられ、功績をたたえる声も、悲しむ声も聞こえなくなっています」

 「もはや誰のための国葬か、決めた岸田首相にさえわからなくなっているのかもしれません。国葬に税金を使うことの意味も国民に説明できず、『自民党のための葬儀』でしかない」


「自民党を弔う葬儀」の先こそ正念場
 「私にはこの国葬は『自民党自体の葬儀』のように見えてきます。『保守』や『愛国』をめぐる自民党の元々の混乱、戦後日本のよじれを一身で体現する近年唯一の首相が、安倍氏だったように感じます。そういう意味では、安倍氏は『自民党を弔う国葬』の象徴には向いている」

 「しかし、自民党の終焉(しゅうえん)だとして、その後に何が起きるのでしょうか。歴史を振り返れば、人々は大きな空洞の後に別の何かを求めてきました。自民党に代わる勢力もない中でこの空洞がどこへ向かうのか、国民は今が正念場であり、そして今が危ないとも言えるのかもしれません」

 あかさか・まり 1995年、「起爆者」で作家に。戦後処理、天皇、憲法に関心を持ち、小説や批評にしてきた。著書に「東京プリズン」「愛と性と存在のはなし」など。

コメントプラス
平尾剛

(スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
2022年9月26日16時26分 投稿

【解説】赤坂真理氏の言葉はいまの社会を鋭く指摘しているものばかりです。以下に示す箇所を補助線にすれば、社会の実相が浮かび上がると私は思う。

「大丈夫と見せかけて、誰が望んでいるかもわからない自由化路線をひた走り、個人的な思想で学術や教育に介入し、個人の権限で多くを動かしたり止めたりし、実は事態を何も収められていない。それが『安倍政治』でした。」
「(…)自民党が掲げる『保守』や『愛国』も、最初からよじれていました。もし本当の保守であったなら、市場自由化と改革に血道を上げるはずがありません。愛国であったなら、外国の軍隊が駐留することに賛成しません。むろん、日本を従属的な地位に置く旧統一教会と手を組みません」

『安倍政治』の総括はもちろん『保守および愛国』のよじれを指摘したこの箇所には首肯せざるを得ません。社会矛盾を実に明快に指摘しています。

「新興宗教やカルトはいつの時代もどこにでも、生まれるべくして生まれるものでしょう(…)」
「(…)高度経済成長と新興宗教は、社会の表裏だったように、私は感じています」
「さまざまなアディクションの中でも、宗教は物語であり、世界観を持っていることが特徴です。その物語は、たとえ宗教団体がなくなっても、教祖がいなくなっても、個人の心の中で続く。そこが強力なのです」

新興宗教やカルトを、なにかを信じなければよりよく生きることができない人間の本質から捉え、さらに高度経済成長との関係からも捉えるこの視点には目を開かされました。様々なアディクションのうちのひとつが新興宗教やカルトであるとの指摘は、深い人間理解によるものだと私は思います。

「(…)歴史を振り返れば、人々は大きな空洞の後に別の何かを求めてきました。自民党に代わる勢力もない中でこの空洞がどこへ向かうのか、国民は今が正念場であり、そして今が危ないとも言えるのかもしれません」

そしてこの警鐘に身が引き締まる思いです。「今が正念場である」との自覚を私たちのあいだで共有しなければなりません。