特集ワイド


   要人暗殺描いた小説「パンとサーカス」著者・島田雅彦さん 
   国葬、透ける自民の保身 政治と宗教の癒着、追及を

   注目の連載 金志尚

   島田雅彦さん 聞き手・金志尚

    毎日新聞 2022/8/18 東京夕刊



家で法政大教授の島田雅彦さん=東京都千代田区で2022年7月29日、内藤絵美撮影


 静かな語り口に、憤りがにじみ出ている。「国葬で言論を封じ、政治と宗教の癒着をうやむやにし、党内派閥の力関係を調整するつもりでしょう」。そう推察するのは、かねて政治に物申してきた作家の島田雅彦さん(61)である。宗教団体「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)を巡る問題が政界を揺さぶる中、安倍晋三元首相の国葬に異を唱えるのだ。

 教団との関係が露見する自民党議員が後を絶たない。「本気で教団との関係を断つつもりなら内閣総辞職、解散総選挙をすべきです」。うだるような猛暑が続く東京都内で、島田さんはそう鋭く切り出した。安倍氏の銃撃事件以降、政界の動きに心底うんざりしているという。


 亡くなった安倍氏も、旧統一教会の関連団体にビデオメッセージを寄せるなど、長年つながりを持っていたとみられている。改めて、安倍政治への評価を尋ねると、痛烈な言葉が返ってきた。「『モリ・カケ・桜』などの疑惑のもみ消しにしか政治力を発揮しなかった。そんな人物が首相の在任記録を更新したこと自体、政治の劣化を如実に物語っています」。憲政史上最長の8年8カ月にわたって首相を務めた安倍氏だが、なぜかくも長く宰相でいられたのか。

 「日本政府はいわば、国内外のロビイストたちが相乗りするバスのようなもので、政治家はロビイストに利益誘導をしつつ私腹を肥やすのです」。特定の主張の実現を求めて集まってくるロビイスト。ここでは、大企業や右派組織の日本会議、あるいは米国の軍産複合体、国際金融資本などを指すという。


 「担ぎやすいみこしであり、格好のイエスマンだったのが安倍氏でしょう」。振り返れば、米国のトランプ政権下で日本政府が戦闘機や武器を「爆買い」したのは周知の通りだ。また、自主憲法制定などを求める日本会議は、安倍政権を支えた岩盤保守層の象徴的存在である。

 そして、今回の銃撃事件で旧統一教会がロビイストとして政界に巣くっていた実態が白日の下にさらされた。とりわけ自民党との関係では、国政選挙での応援が問題視されている。教団サイドにビラ配りやポスター張りを手伝わせるだけでなく、信者の票を振り分けてもらっていたことも報じられている。


 「カルト集団のお陰で、当落線上の自民党議員たちは延命してきたわけです。本来、警察の捜査が入るべき教団が、政治的な力で守られたとも指摘されています。銃撃事件の後、自民党から『民主主義の危機』という声が聞こえてきましたが、民主主義をゆがめた当事者がそれを言うなと思いました」

 政治的な意見を言いにくい昨今の風潮の中、島田さんは積極的に発言を続けている。ツイッターにも、しばしば政権批判を投稿する。その原動力を尋ねると、「文学者も戦争協力をした暗い過去を持っているので、時の権力者の顔色をうかがったりせず、我が道を行くのが理想です」と返ってきた。


 そんな問題意識は小説にも投影されている。「特に今、10代や20代の自民党支持者が多い。第2次政権時代に8年近く首相の座にいたので、彼らは物心ついた時からずっと安倍さんの顔を見てきた。もし自民党的な事なかれ主義が内面化されているとしたら、誰も異議申し立てをしなくなる。現状の日本を絵解きし、この絶望の国をリセットするような作品を書かなければならないと思ったのです」

 今年3月に刊行した長編「パンとサーカス」のテーマはずばり、世直し。米国にひたすら追従し、内部で不正がはびこる政府に変革を迫る目的として、政権中枢にいる要人の暗殺が描かれている。賛否を呼ぶ大胆な設定の中で、随所に見られるのが現実政治を思わせる表現だ。「与党」については、こう書かれている。<半分が世襲議員で、極右系の宗教団体の全面的支援を受けている>

 作中では、世直しの手段としてテロが選択される。現実では断じて許されないことだとしながらも、島田さんは実際に起きるかもしれない恐れを抱いてきたという。「政治の劣化が極まれば、社会も荒廃します。将来起きうることを予想し、社会の変容をシミュレーションし、心構えを促すのがフィクションライターの仕事です」

 小説が世に出てから3カ月半後、実際に起きたのがあの銃撃事件だった。ネット上では今、「事件を予言していた」などと島田さんの作品を評する声が上がっている。その反応について、「こんな予言が的中しても、いいことは何一つありません。暗い予言は外れた方が、社会にとってはいいに決まっていますから」と複雑な心情を吐露する。

 銃撃事件では、旧統一教会によって容疑者の家庭が崩壊し、その恨みが安倍氏に向かったと報じられている。島田さんはその見立てに反論するつもりはないとする一方で、単に動機や背景を私怨(しえん)という視点だけで捉えるのは不十分だとも考えている。はっきりと、「これは政治テロです」と言い切るのだ。

 「事件がもたらした影響を考えれば、そう認めるべきだと思います。政治と宗教団体の不適切な関係があらわになり、政治不信が一層深まり、社会不安が募ったのだから、政治家は露呈した現実を直視することが求められます」

 だが、現状は追及というにはほど遠い。自民党は党としての調査を否定し、岸田文雄首相も「それぞれ丁寧に説明するのが大事」などと繰り返すばかりである。メディアも一枚岩になって、真相を解明しようとしているとは思えない。そんな中で島田さんが危惧するのが、9月27日に行われる安倍氏の国葬を境に問題の幕引きが図られる事態だ。「自分たちの保身に国葬を利用しようという自民党議員の不謹慎な意図が透けて見えます」。島田さんはそう語りつつ、「ただし」と続けた。

 「その思惑は結果的に外れると思います。国葬は、政権が反社会的なカルト教団と持ちつ持たれつだったという恥ずべき実態を世界に発信する機会になるからです。海外メディアは日本のメディアのように忖度(そんたく)しません。国葬の費用対効果は絶望的に低いでしょう」

 各種世論調査によれば、国葬に反対する声はおよそ5割を占める。強行したとしても自粛ムードにはならず、反対世論が一層過熱することになる、と島田さんは感じている。それでも、国葬後の社会の雰囲気を正確に見通すことは難しい。厳粛な空気が広がれば、幕引きされる可能性もやはりゼロではない。

 今回の銃撃事件は断じて許されないことである。だが、その遠因に政治の不作為があったとしたら、看過すべきではない。そう考える島田さんは、教団との関係をなし崩し的に「なかったこと」にしようとする政治家の動きを何より懸念するのだ。

 「ここで問題を徹底的に追及、検証し、過去の不正、遺恨を改めておくことが、第2、第3のテロを防ぐ最も有効な手段になります。それは、無謀な戦争に突き進んだかつての過ちを繰り返さない努力とも重なる」

 現実を予見した小説家の、未来への警句である。【金志尚】

 ■人物略歴

島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん
 1961年生まれ。東京外国語大ロシア語学科卒。大学在学中の83年に「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。「虚人の星」「君が異端だった頃」「カタストロフ・マニア」など著書多数。