教えて!池上さん


  旬なトピック 読解力、どう上げる

   池上彰 ジャーナリスト


     毎日新聞2020年1月7日 東京朝刊


高校生の低下が深刻 長い文章読むことで意味を誤らなくなる

 読解力とは、文章を書いた人が言いたいことを正しく読み取るちからです。経済協力開発機構けいざいきょうりょくかいはつきこう(OECD)の試験で、日本の高校生の読解力が下がったという結果が出て、教育界は大騒おおさわぎです。読解力は、どうすればつくのか考えてみましょう。

 この試験は「PISAピザ」(学習到達度調査がくしゅうとうたつどちょうさ)といいます。なぜ「経済協力開発機構」という経済関連の国際機関が試験を実施じっししているのでしょうか。それは、先進国の子どもたちに、「21世紀を生いき抜ぬいていくために必要な学力」がついているかどうかを調べようとしているのです。

 経済が豊かでない開発途上国かいはつとじょうこくは、先進国に追いつこうと教育に力を入れますが、その場合の教育とは、読み書きを教えたり、知識を丸暗記させたりするケースが多いのです。先生が一方的に授業をして、生徒たちは、先生の言っていることを覚えるというパターンです。

 でも、こうした教育では、国を発展はってんさせるために十分ではありません。上から言われたことだけをやればいい、という人ばかりでは国は発展しません。そうではなく、自分の頭で考えて、積極的に行動する人が求められています。21世紀に必要な力を持った人を育てるにはどんな力を身につけていればいいか。それを世界の人たちに知ってもらおうというのがPISAの試験なのです。世界79カ国・地域ちいきで15歳さいを対象とし、約60万人が参加しました。日本は2012年の調査では4位、15年は8位でしたが、最新の18年では15位でした。それで日本の高校生の読解力が下がったと大きな話題になっているのです。

 このテストは、コンピューターを操作そうさして答えを導き出すという手法だったため、コンピューターの扱あつかいに慣れていなかった子が多かったために低い点数になったのではないかという見方があります。その一方で、多くの先生が、「最近の生徒たちは読解力が落ちてきたなあ」と思うようになってきていて、それが間違まちがいではないと裏付うらづけられたという指摘してきもあります。

 どちらであれ、これからの日本を支える若者わかものたちの力が衰おとろえては一大事。読解力をつけるにはどうしたらいいか考えてみましょう。

 実は「読解力」には2通りあります。一つは、小説を読み、主人公など作中人物の心の動きや行動の理由を読み解く力です。それができれば、小説を読んで感動します。小説を読んで感動したり、怒おこったり悲しんだり、笑ったり……。これができるのは、読解力があるから。この力をつけることで、豊かな人間性を育むことができるでしょう。

 そして、もうひとつ。それは、説明文を読んで、文章が伝えたいことを正確に読み取る力です。今回のPISAのテストは後者に重点を置いたものでした。日本の子どもたちは、こちらの力が弱いのではないかというのが、今回の結果です。

 では、それを克服こくふくするには、どうしたらいいのか。それには、長い文章を大量に根気よく読むことです。長い文章をていねいに読む習慣をつけると、文章の意味を間違って受け取ることもなくなります。著者ちょしゃが言いたいことを正確に読み取り、それについて自分はどう考えるか。その習慣をつけていれば、あなたもきっと、もっと読解力がつくはずです。まずは書店に、あるいは図書館に行ってみましょう。