佐竹先生のFacebookより

ばれんの会@南部ふれあい祭り

綾瀬市で開催の木版画サークル「ばれんの会」で講師をしております。皆さん水性多色摺り木版画歴20年キャリアのベテラン勢です。 綾瀬市の南部ふれあい祭りにて毎年展覧会を開催致しております。
会期:3月9日(日)〜14日(金)
会場:南部ふれあい会館 
お問い合わせ:0467-77-3020
https://plus.google.com/106080043846587382646/about?gl=jp&hl=ja
http://www.townnews.co.jp/0406/2014/02/21/226318.html

皆さんの作品をご紹介させていただきます。
清水さんは登山家でもあります。山の風景の連作を作成されています。

清水さん「鹿嶋槍北壁遠望」。

清水さん「残雪の五竜岳」原画と摺りです。

清水さん「残雪の五竜岳」摺りバージョンです。

清水さん「東円沢表尾根」。紙を版に「落とさない」為に鑞引き和紙を手作りされています。

清水さん「剣岳山頂の社」原画と摺りです。現場の記憶をもとに描かれるスケッチも素晴らしいです。

荒井さんは様々な版技法に取り組まれています。こちらの作品では原画を分断し再構成し、斬新な構図を導いています。原画と摺りです。

荒井さん「メディウム剥がし刷り」作品です。

増田さんは写真をPCで色分解し、版木に白黒で制作されています。また駒透きのみによる制作法も独特です。増田さんの版木です。

増田さん「ポルトガルシリーズ」。大作群です。


増田さん「ポルトガルシリーズ」カラーバージョン。

増田さん「ポルトガルシリーズ」カラーバージョン。様々に色を変えて作品が出来るのも版画ならではの楽しみです。

波島さんは主版法による北斎「日本橋」を作成されました。

波島さんの「日本橋」夕暮れバージョンです。

波島さんのグラデーション摺りの様子です。こちらの作品は写真をもとに色分解しています。

制作中の波島さん。

波島さん「果物と野菜」。

石崎さんはモチーフを撮影された後、水彩などで原画を作成し、10版を越える色分解と摺り度数で綿密な作品を作られています。

石崎さんの「湖畔の桜」。大小のゴマ摺りが秀逸です。

石崎さん「花」。

制作中の石崎さん。

笠原さんは版画をはじめてまだ2年目ですが、細やかな配慮で実験的な作品を制作されています。こちらは写真をモチーフに制作されました。

笠原さん「小樽」。

笠原さん「深緑の石楠花」。中国人絵師による原画をアレンジしています。

吉田さんは様々なモチーフに取り組んでいます。こちらは絵本の模刻です。

吉田さん「和尚図」。

門井さんの「狂言、月見座頭」です。日本の古典、文芸をモチーフに制作されています。これからの展開が楽しみです。

クリスさんはドイツ人ですが、京都産業大学で仏像彫刻を学んでいます。こちらは「般若心経」。彫りが流石です。

綾瀬「ばれんの会」HPで作品もご紹介致しております。
http://mmdesign-jpn.la.coocan.jp/hanga/index.html
はんがの仲間 美術館
mmdesign-jpn.la.coocan.jp
版画愛好家のためのweb美術館です。はんがの仲間 美術館。綾瀬市市民活動。